コンビニ弁当が「ダメな脳」をつくる!? 見た目のバランスに騙されるな

「食」といえば、どうしても「痩せる/太る」あるいは「健康にいい/悪い」の方面で考えがちだが、昨今とみに注目されているのが「食」と「脳」の関係。われわれが日頃食べているものは、言うまでもなく脳のエネルギー源でもある。ダメなモノを食べれば、脳のパフォーマンスが下がるのは当然の話なのだ……。

愛用のコンビニ弁当が「ダメな脳」をつくる!?


★刈谷 稔さん(仮名・40歳・流通)――独身。会社の寮に一人暮らし。台所が狭いので自炊はせず、もっぱらコンビニ飯に頼る日々。人手不足ゆえのストレスに食欲も減退気味

刈谷 稔さん

刈谷 稔さん(仮名)

 平日の昼食の定番は、職場近くの地元系コンビニから調達してきたオリジナル幕の内弁当(350円)。

「値段の割にバランスが取れているのでお気に入り」と言う刈谷さんだが、写真を見た識者たちは「これでバランスがいいとは言えないのでは……」と困惑。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1003691

「この価格では良質のタンパク質は期待できないし、野菜も少ない。メインが揚げ物というのも問題ですね」(医師の菅原道仁氏)

 揚げ物も脳に悪いのだろうか?

「揚げ物が悪いというより、油の質が問題なんです。脂質(コレステロール)は、脳の細胞膜の原材料。脳の機能はコレステロールの質によって決まると言っても過言ではありません」(アンチエイジング研究の第一人者の白澤卓二氏)

 ここで問題になるのが、不飽和脂肪酸である「オメガ3」と「オメガ6」。オメガ3とオメガ6はバランスが非常に大事で、体内で両者のバランスが取れていないと細胞の機能が落ちてしまうという。

「EPAやDHAなど、オメガ3系の脂肪酸は、イワシやサバなどの青魚に多く含まれます。一方、オメガ6系の脂肪酸はサラダ油やコーン油などに含まれており、出来合いの揚げ物に使われている油の大半はオメガ6。現代日本人の食卓は圧倒的にオメガ6に偏っているわけです」(菅原氏)

 オメガ6のとりすぎは動脈硬化を進行させ、脳梗塞を引き起こす。安価で加工しやすいオメガ6は、加工食品全般に多く使われているため、コンビニ飯はオメガ6の巣窟なのだ。見た目のバランスに騙されてはいけない。

<ここがダメ!!>
●コンビニ弁当はタンパク質不足!
●「毎日同じ弁当」だと逃げ場なし!
●出来合いの揚げ物は食べすぎ注意
●イワシやサバをもっと食べよう

【白澤卓二氏】
’58年、神奈川県生まれ。日本におけるアンチエイジング研究の第一人者。『体が生まれ変わる「ケトン体」食事法』(三笠書房)ほか著書多数

【菅原道仁氏】
菅原脳神経外科クリニック院長。頭痛、めまい、物忘れ、生活習慣病を中心とした診療を行い、病気を未然に防ぐ「予防医療」の研究に取り組む

― これがバカになる食事だ! ―

体が生まれ変わる「ケトン体」食事法

健康的にやせて、若々しく健康に。「ポッコリお腹」も解消! メタボや糖尿病、心臓病、がんなどの病気にならない! うつなどのメンタル改善。認知症予防の効果!

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中