松本人志が“攻める高校生”とベタ褒め! 女優・岡本夏美が4DXホラー映画に初挑戦

『スターウォーズ/フォースの覚醒』『ジュラシック・ワールド』といった大作が4D上映されたこともあり、今では「4DX/MX4D」は人気と知名度を広げつつある。そんななか、“日本初”の4DX専用映画として1月16日に公開される「ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~」で主演に抜擢されたのは、雑誌「セブンティーン」の専属モデルとして活躍する、女優の岡本夏美だ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1031160

ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~

“日本初”の4DX専用映画で主演に抜擢された女優の岡本夏美

 彼女は、松本人志、東野幸治らが芸能ニュースや時事をテーマに持論を展開する番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、個性派コメンテーターのなか、“ワイドナ高校生”としてひときわ異彩を放っている。「女子高生目線のストレートな意見が面白い」と評判で、松本人志も“攻める高校生”とベタ褒め。今回は、今まさに旬な若手女優・岡本夏美の素顔に迫った――。

――今回の作品では、実際にご自身でも4DXの上映体験をされたようですね。

岡本夏美(以下、岡本):初めて4DXを体験したのがこの作品で、「どんな感じなんだろう?」っていうワクワク感と、アトラクションに乗る前のようなドキドキ感がありました。映画を観てるという感覚よりは、テーマパークのアトラクションに乗ってる感じで、新感覚でおもしろかったです! ホラーが苦手でも挑戦しやすい楽しい映画だし、一緒に体験している感覚になれると思います。

ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~――POV(※主観ショット)の第一人者で“ホラー映画界の鬼才”と言われる白石晃士監督との出会いは、今回が初めてではなかったとか。

岡本:中学1年生のときに、映画デビュー作品の『カルト』でお会いしたのが白石監督だったんです。またご一緒できるのがすごくうれしかったし、そこから舞台やドラマも経験させていただいて、今回は「ちょっと成長できた部分を監督に見せられたかな?」と思うので、本当にうれしかったですね。

ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~――ホラー映画の撮影って、怖くないですか?

岡本:森の中にある廃校で撮影したので、やっぱりちょっと怖くて、共演した(渡辺)恵伶奈ちゃんと(松本)妃代ちゃんとはわざわざ「一緒に行こうね」って、3人でトイレに行ってましたね。でも、泊まりがけの撮影が修学旅行みたいで楽しかったです! 朝から晩までずっと走って、叫んで、戦ったので、ちょっとバテちゃったときはあったんですが、楽しく、夢中になって撮影できました。

――実際に、恐怖体験をしたことは?

岡本:『カルト』の撮影で白石さんと一緒だった時に、いろんな不可思議現象が起きてたんですけど、監督に「俺は全然覚えてない」って言われました。当時は中学生で、ちょっと曖昧な記憶なんですけど、携帯が勝手に動いたり、目の前の蛍光灯が割れたり……夢だったのかな? いやいや、夢じゃないはず!(笑)。

――岡本夏美さんといえばモデル、そして「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」として2年間アイドル活動もされていました。

岡本:映画の冒頭に、リポートするシーンがあるんですけど、おはガールのときにも、実際にリポートをやっていたことがあったので、いろいろなことをやらせてもらった経験で、そのイメージがしやすくなったりするのは、よかったなと思います。モデルもアイドルも「人に伝える」ということはずっと変わらないテーマなので、表現の部分でも、少しは力になってるかもしれません。

 わたしは雑誌のモデルとしてデビューして、そこからずっと「専属モデル」というものがありつつ、女優、アイドル、バラエティのお仕事をやらせていただいて、全部楽しんじゃうタイプの性格なので、やっぱりすべて大切だし、自分の力になっていくものですね。グループ活動はしたことがなかったので、「おはガール」の2年間は大きかったです。朝の生放送で初めてのレギュラー番組だったし、新しい世界が一気に広がったのは「おはガール」だったかなって思いますね。

――Twitterのフォロワーは12万人を超え、Instagramも使いこなすイマドキの女子高生。やっぱりファンや周りからの反響は大きい?

岡本:テレビに出演したあとの反応はすごいです。『ワイドナショー』や『痛快TVスカッとジャパン』という番組に出させてもらうと、その番組を見てくださってる年代の方から直接コメントが来たり、フォローしてくださったりというのがあるし、交流もできるので、そういう場所があるのは、すごくありがたいことですね。見つけてくださって、応援してくださるきっかけになるものがあるっていうのも、本当にうれしいです。

ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~――女優として、憧れの存在は?

岡本:わたしの憧れは吉田羊さんです。テレビ番組で吉田羊さんが「今すごく忙しいと思いますけど、疲れてないですか?」って聞かれたときに、「忙しくなるのが小さい頃からの夢で、若い時代もずっと夢だったので、今が幸せだから、お仕事があったら飛んで行きたい」とおっしゃっていたのを見たんです。大人になって活躍して、下積み時代もあるなかで、謙虚な女性、素敵な女性になりたいと思っているので、吉田羊さんに憧れますね。

――小中学校と全学年で学級委員を務め、学業ではつねにクラスのトップ5入り、さらにはリレーの選手としても活躍する才色兼備の高校2年生だそうですが……。

岡本:デビュー当時に、お父さん、お母さんと、お仕事と勉強を両立する約束をしたんです。「中学校と高校は、ちゃんとお勉強もしてね」って約束をしたので、テストでいい点数を取れるように毎回頑張っています!

 おばあちゃんからは「周りの皆さんに感謝の気持ちを忘れないで」って言われますね。毎日、おばあちゃんとLINEをして、スタンプが送られてくるんです。「今日もお仕事、笑顔でね」とか「感謝の気持ちを忘れずに」とか毎日送られてくるから「はい!」ってスタンプを押して。そこだけは、おばあちゃんに厳しく言われてて、当たり前のことは、ちゃんと忘れないようにしたいですね。おばあちゃんとは仲よしで、家が近いので1週間泊まりに行って家に帰らないことも。青山に一緒に洋服を買いに行ったりとか。めっちゃおしゃれなんです(笑)。

――女子高生の立場から見て「あったらいいな」と思う映画館のサービスは?

岡本:アトラクション感覚になれるのって、学生は好きじゃないですか。4DXの作品は、テーマパークのお化け屋敷みたいな感覚で楽しめると思うんです。友達同士でもファミリーでもカップルでも、おもしろ半分、肝試し半分で行っても、絶対に楽しいし、声も出してキャッキャしながら楽しんでもらいたいですね。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1031155

【岡本夏美】
’98年7月1日生まれ、神奈川県出身。’11年度「ラブベリーモデル・オーディション」グランプリ受賞。雑誌「ニコラ」を経て、現在は「セブンティーン」の専属モデル。『ワイドナショー』に出演中。公式Twitterは、@723natsumi_okmt

<取材・文/北村篤裕 撮影/我妻慶一>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中