スーパーで横行する「賞味期限を延期する」暗黙のルール

「ココイチ廃棄カツ」は氷山の一角! 世間を賑わせた産廃業者ダイコー、製麺業者みのりフーズを主役とした食品廃棄物横流し事件。しかし、業界関係者への取材では、この件に対する驚きの声は聞こえなかった……。さまざまな問題が常態化している食品業界の裏側に迫る!

スーパーで横行する「賞味期限延期」の暗黙のルール

※写真はイメージです

一部のスーパーでは賞味期限のラベル貼り替えも


 スーパーでは精肉・鮮魚をラベルの貼り替えで賞味期限を延ばし、それでも売れ残ったら惣菜用に使うことが暗黙のルールと化しているところもあるという。

 中堅スーパーのエリア長は、「ほぼ全店でお惣菜に賞味期限切れの精肉・鮮魚を使用。でも、惣菜担当者も店長も罪の意識はゼロ。何が悪いのか全然わからず、なかなか理解してもらえない」と嘆く。

 なかには確信犯的に食品廃棄物を売っている者もいる。

「『儲けが出るゴミなら売れ!』との考えは産廃業者だけでなく、小売りの卸業者全体に根付いている。腐ってさえいなければ売って当然。結局、食の安全と言いつつも、問題は一瞬で忘れ去られる。こうした横流しが減らないのは市場が確立しているから。需要も供給も増えているくらい」(食肉卸業者)

「規格に不備があった真空パック詰めの練り物の処分を頼まれたことがあった。ただ賞味期限内だったので、焼却処分せず、引き取ってくる卸業者に運んだこともありましたね」(某産廃業者)

 ダイコーはもちろん、報道陣に「違法性があるとは全然思っていない」と開き直ったみのりフーズの社長もまさにこのタイプ。「きっと『ほかもやっている。自分たちだけではない』との思いが強いのでしょう」と指摘するのは産廃業者の裏事情に詳しい山田文大氏だ。

「食品廃棄物をめぐっては、産廃業者→食品問屋→小売店という流通ルートが全国各地に存在します。でも、壱番屋のような全国チェーンの食品が出回るのは稀。通常は小さな食品工場から出たものが産廃業者や食品問屋を経由して、地元の激安スーパーや激安飲食店、お祭りの出店などに卸されます」

 事実、産廃業者の現役社員は自身の関与を否定しつつも「食品廃棄物が大量にあるときは、必ずといっていいほどどこかの業者のトラックで引き取りに来ます。しかも、人に見られたらマズいのか時間帯も早朝や夜などが多い」と生々しい横流しの実態を暴露。

農作物でも流通している食品廃棄物


 ほかにも収穫量が多すぎる農作物が値崩れ防止の出荷調整で廃棄となる場合があり、対象となった野菜や果物を引き取るケースもあるという。

「農家にとっては農協の手前、廃棄が決定しても農作物を捨てるのは忍び難いですし、安くても買い取ってくれるならそうしたい。けど、農協にバレるとマズいので産廃業者を使うわけです。処分料こそ負担しますが、結局、食品問屋からキックバックがある仕組みになっています」(元産廃業者社員)

 問題なのは単に食品廃棄物が数多く流通しているという状況だけではない。

「社会には低収入で、ありえないほど安い食品でも当たり前のように食べ続けている層が一定数いる。食中毒のように目に見える健康被害が出たわけでもないから食べる側だけでなく、売る側も何ら疑問を持っていない。きっと横流しをする業者の人も家では『食べ物は大事にしろよ』とか言っていると思うんです。そういう生活が一般的に根付く社会になっていることが、そもそもの問題のような気がします」(山田氏)

 食品業界の闇はまだまだ広がっている。

【山田文大氏】
ノンフィクションライター。持ち前の取材力と人脈を生かし、アンダーグラウンドな業界にも幅広く精通する。著書に『実録!「裏稼業」騙しの手口』(双葉社)など

― 食品業界の闇 ―

実録!「裏稼業」騙しの手口

暗躍する裏稼業人に接触し、マスコミが報じなかったブチ切れた犯罪大国ニッポンの裏側を徹底的に解明する!!

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中