かつて「プロ野球の私設応援団」はヤクザとズブズブだった

 本来は球春の到来を告げるはずのプロ野球キャンプイン。今年は清原和博容疑者の覚醒剤問題という衝撃に襲われた。昔から取りざたされるプロ野球とヤクザの関係。果たして実態は? プロ野球を取り巻く男たちに迫った。

かつてプロ野球の私設応援団はヤクザとズフズブだった

かつてはチケットのダフ行為で家が建つとまで言われた巨人戦だが、最近は昔ほど激しいチケット争奪戦はないという

 なんとなくアンタッチャブルな存在であるプロ野球の私設応援団。暴力団など、裏社会との繋がりも指摘されているのだが、実際のところはどうなのだろうか。元在京球団の私設応援団員の男性(40代)にプロ野球の私設応援団について話を聞いた。

「ウチの会(応援団)というか、球団の私設応援団全体のケツ持ちは元暴力団員でしたね。夏でも長袖着て、刺青隠してましたね」

 彼が私設応援団に所属していたのは‘00年代前半まで。いまでこそ健全化されたというプロ野球の私設応援団だが、当時はゴロツキの集まりだったという。

「あの応援団はケツ持ちが右翼、関西の某応援団は●●組のヤツがラッパ吹いてるとか。団員も暴走族くずれとか多かったなぁ~。だから、特攻服みたいな長い法被が好まれたのかもね。’06年に12球団統一の試合観戦契約約款が変わって、そういう人たちや関わってた応援団は出禁になるんだけど、それまではやりたい放題だった。応援団によっては会費という名の上納金を集めているとこもあったね。毎月2万円とかえげつないとこもあったよ。遠征費に使うとか言って集めてんだけど、青春18きっぷ渡されるくらいだったって」

 だが、こうした事情を知る団員は一部だったと彼は指摘する。

「そりゃ言えないよね、応援団に入ってって勧誘するときに『ウチのケツ持ちは●●組だから』とかさ(苦笑)」

 また、彼によると、球団とも密接な関係にあったという。

「パ・リーグなんかは、ホームもビジターも応援団に入場チケット渡していた。不人気時代を支えてくれた応援団に頭が上がらなかったんだろうね。でも、そのチケットを転売して……なんてことはなかった。だって、当時のパ・リーグのチケットなんかタダ券が当たり前だったもん」

※2/23発売の週刊SPA!では、「[プロ野球とヤクザ]は今もズブズフなのか?」という特集を掲載中
<取材・文/週刊SPA!編集部 写真/産経新聞社>

週刊SPA!3/1号(2/23発売)

表紙の人/ 菜々緒

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中