警備会社・BONDS SECURITYが語るアイドルフェス警備の舞台裏「アイドルオタクとも絆を強めていきたい」

 この夏、某アイドルイベントでのファンと警備会社のやりとりが話題となった。「舞台となったのは、国内最大級の巨大アイドル系フェス。今年は例年以上に出演者数が増え、大盛況のまま終わった」(音楽関係者)という。だが、ある意味でどの出演者よりも話題になったのは、警備会社・BONDS SECURITY(以下、BONDSと略)だったのかもしれない。ツイッターでは「BONDS」という単語がトレンド入りし、あるアイドルはBONDSスタッフとのツーショット写真を嬉々としてアップ。BONDS側は「あくまでもうちは裏方ですから……」と苦笑いするが、一気に注目される存在になったことは間違いないだろう。

取材に応じてくれたBONDS幹部のO氏とN氏

 そもそも近年、そのアイドルイベントでは「厄介ピンチケ」と呼ばれる悪質なアイドルファンが暴徒化し、数々の問題を引き起こしてきた。そこで今回からトラブル対処に定評のあるBONDSが満を持して投入されたというわけだ。厄介ピンチケからすると、屈強で強面なBONDSは畏怖すべき存在。一方、厄介ピンチケの排除を願う大多数の良識派アイドルファンからすると、BONDSは待ち焦がれていた騎士的な存在。現場では様々な思惑が交錯し、異常な興奮状態に包まれていた。

 このたび、日刊SPA!はBONDS幹部に接触。「本件の取材については基本的に断っている」とのことだが、前回の記事「ニコニコ超会議2016で流血沙汰に発展…厄介ピンチケ(無法アイドルオタ)を恐怖のどん底に陥れた最強セキュリティ集団BONDSを直撃!」に続き、独占インタビューに成功した。アイドルフェスの舞台裏に迫りつつ、BONDS側の主張に耳を傾けたい。

 アイドルフェスでの出来事に言及する前に、まずはBONDSという組織の特徴を見ていこう。BONDSが他の警備会社と決定的に異なるのは、なんといっても強靭なフィジカル面だ。まるでラガーマンのように鍛え上げられた太い腕や厚い胸板を晒すだけで、厄介ピンチケに対する抑止力になっている。なにせ代表が格闘家だったこともあって、在籍する隊員は現役格闘技経験者が多数。メンバーは定期的に集まり警備教育や護身術セミナーを行うほか、グラヴ・マガ(イスラエルの超実践的格闘技)の達人にも師事して腕を磨いているという。そこまで強さにこだわる警備会社、寡聞にして知らない。

「よその警備会社さんがどうなっているのかわかりませんが、たしかにうちは成り立ちからして特殊かもしれない。そもそも90年代に入るまで、日本のクラブシーンには専属のセキュリティ組織というものが存在しなかったんですね。店のスタッフが警備も担当していたので。ところが一部の店舗でクスリや暴力関係のトラブルが勃発するようになり、店側は危険な警備業務を外部依頼するようになっていった。そうした流れの中で弊社も業務が拡大し、隊員も必然的に増えていった。法人化したり警備免許を取得したのも、ある意味、必然的な要素が強いですね」(BONDS総括責任者・O氏)

肉体の鍛錬は怠らない

次ページ多岐に渡るBONDSの業務内容

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中