【中国の壮絶婚活】35歳過ぎた未婚女は“妖怪レベル”

中国婚活

上海の外灘

日本でも結婚相手探しの闘いは激化しているが、中国のそれはさらに熾烈である。適齢期(20代前半~30代前半)の男女が2億人近くいて、そこに再婚組も加わる。テレビ各局がお見合い番組をつくり、1000人規模の婚活パーティは大盛況、婚活サイトも急成長しているという。

中国は一人っ子政策でもともと男が女より多いうえ、経済発展によって女が高学歴化してハイスペック男を求めるようになった。結果、国家規模でミスマッチが起こって、「剰男」「剰女」というあんまりな呼称の「あぶれた男女」が大量発生しているわけだ。

しかも中国の場合、「男=経済力」「女=若さ」という脚切り条件があからさまである。

女の場合、25歳から「剰女」の仲間入り、30歳で「難あり」。35歳以上は「斉天大剰」と呼ばれる。「剰」と「聖」の発音が同じことから、孫悟空の別称「斉天大聖」をもじったもので、つまりは妖怪レベルの扱いなのである。血族を大切にする中国では、子供を産める年齢の嫁でないと、親が許してくれないのだろう。

一方、男の側は、結婚前にマイホームを用意するのが慣習。大手お見合いサイト「百合網」を見ると、職業・年収に加え、家・車を持っているか、ローンがあるか、まで表示される。

さらに、出身地のしばりも“職業差別”も日本よりずっと厳しい。想像するだけで、婚活疲れでヘトヘトになる。

このストレスフルな婚活市場にマジで参戦してみたのが、中国に詳しいアラフォー女性ライター、つまり「斉天大剰」の田中奈美さんである(上記の婚活事情は、田中さんの取材による)。婚活サイトで出会ったトンデモ中国男たちから、格差社会の悲哀まで、渾身の体験ルポ・週刊SPA!1/10発売号「アラフォー♀記者が中国でマジ婚活をやってみた!」を一読いただきたい。「ああ、日本の婚活はヌルくてよかった……」と思うはずである。

文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!1/17号(1/10発売)

表紙の人/SKE48(松井玲奈・高柳明音)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中