衝撃! 女子高生見学クラブの残骸

「そろそろエッチしたい」「酒乱なまんぼ」「タミフルたべたい」……。


女子高生カフェ
 プリクラや男性アイドルグループのポスターの横にはおびただしい数の貼り紙があった。可愛らしい文字で綴られたA5サイズの紙には、過激な言葉が並ぶ。

 5/18に経営者が逮捕され、その後、手つかずになっていた、女子高生のぞき部屋「横浜マンボー」(旧J-KEN)の摘発後の店内の撮影に成功した。

 経営者が「20万円の材料費でひとりで手作りした」という店内は学園祭の模擬店のノリで、マジックミラーに囲まれた「見学部屋」の裏には女子高生や経営者、スタッフが待機する「控え室」があった。

 3畳ほどの控え室は鰻の寝床のように細長かった。マンションのキッチンのシンクの上に板を渡して、無理矢理部屋にしたよう造作だ。カーペット敷きの部屋にはゴミや紙くず、雑誌などが散乱していて、足の踏み場もないほどだった。

女子高生カフェ
 客への注意書きを記したホワイトボード、女子高生が体育座りをする時間を計るタイマー、さらには女子高生の出勤と稼ぎを細かく記した帳簿、家賃の明細など、たしかにそこで商売が行われていた”残り香”が無造作に転がっていた。

 最盛期には1日数十人の男性が訪れ、ひと月で約300万円を稼ぎ出していたという同店。過激な落書きの横には「私はもうつかれました。人間って何ですか? よくわかりません」など”苦悩”を表す文字も。

 このメッセージの主たちは、今頃どこで何をしているのか?

取材・文・撮影/SPA!風俗(かぜ)を読む取材班

※日刊SPA!では、女子高生のぞき部屋「横浜マンボー」(旧J-KEN)の摘発後の店内写真を公開!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中