「合コンで持ち帰られ経験アリ」20代女性の3人に1人以上

「出会いがない」とぼやいては、夜の課外活動に精を出すサラリーマンは少なくなかろう。そう、合コンのことである。婚活ブームがひと段落したとはいえ、「出会いたい」欲求が消えたわけではない。無論、男だもん、「ヤリたい」欲求もしかりである。しかし、「出会い」をものにできる男、つまり「キメる男」はごく一握り。「今日こそは!」と意気込んで参加したとしても、連絡先の交換が精一杯。「お持ち帰り」なんてのは夢のまた夢だったりする。実際のところ、女性はどれくらいの割合で「お持ち帰り」された経験があるのだろうか。

合コン 20代の未婚女性100人にアンケートをとってみた。「合コンで即日お持ち帰りされたことはありますか?」

 結果は、100人中38人! なんと3人に1人以上が「お持ち帰り」されたことがあるという……って、その相手が「イケメンだったから」じゃないのか?

 内訳を見てみよう。

「イケメンだったから」が6人に「タイプだったから」が7人……って、おい! 悲しすぎるので無効票とし、「結果」を訂正します。あらためて……

 結果は、100人中25人! なんと4人に1人の割合で「お持ち帰り」されたことがあるという。しかも「イケメン」でも「タイプ」でもない男にだ。

 内訳を見てみよう。

「酔っていたから」……8人

 これが多数をしめたわけだが、どうも「自分への言い訳」のような気がしないでもない。本音は一体? 「酔っ払って、気づいたら男のコとホテルの前だった。そこで我に返ったんだけど、ホテルの前でゴネるのも、なんかねえ(笑)」(27歳・派遣)。「酔うと気が大きくなるのかなんなのか、必死な男が可愛く見えてきたりもするんですよ」(25歳・銀行)。意外と男に優しいのか? 昔からある、何はなくともひとまず「酔わせる」というテクは、いまだ通用するらしい。

「彼氏と別れたばかりだったから」……5人
「彼氏と遠距離恋愛中で寂しかったから」……4人

 続いて、ありがちではあるが、女は「寂しい」ときがあるというもの。「別れたばっかりのときって、まだ『次、探そう』ってモードじゃなくて。でも『女やってる』感がほしいんですよ。まあ、結局、一瞬の寂しさを埋めてくれれば、それでいいんです」(29歳・化粧品)。「男って“浮気する生き物”って言うじゃないですか。遠距離恋愛だったら、相手は99%浮気してますよね。だったら、こっちもしたっていいじゃないですか!」(25歳・製菓)。「別れたばかり」「遠距離恋愛中」は“合図”と思ってよさそうだ。

「断るのが面倒だったから」……4人
「帰るのが面倒だったから」……2人
「2人きりになったから」……1人

 女が「押しに弱い」ことを証明している。「お酒が入ってるってのもあるけど、いろいろなことが面倒になるというか。もう、場所が駅から遠かったりすると、終電のためにダッシュする気力なんて残ってません」(28歳・派遣)。終電のない時間からが勝負。押してダメなら、引かずにもっと押すべしか。

「誰でもいいからヤリたかったから」……1人

 なかにはこんな「女神」もいるんである。もう「イケメン」である必要も「タイプ」である必要もない。「女神」と巡り合えるかどうか、その「運」に尽きる。合コンはダメもと、「運試し」の場として楽しもう。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

「仕事の“スイッチ”を入れろ!」WORLD ORDER須藤元気が教える「リアルゴールド ワークス」の活用法【PR】

-shared-img-thumb-SAYA160312140I9A3606_TP_V3
 昨今、コンビニやスーパーに行くと、エネルギードリンクをはじめとして、栄養ドリンク、機能性飲料など、働く男をサポートするさまざまなドリンクを目にする。…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中