“パチモン”中国軍ステルス機が尖閣攻撃、自衛隊敗北の可能性も!?

◆楽観論は禁物! 最新兵器で変わる、中国軍による尖閣攻撃!

兵器 尖閣諸島の領有権をめぐり、日本と中国が仮に戦争になった場合、命運を分けるのは、どちらが先に最新兵器を実戦投入できるかにかかっている。

 自衛隊と中国軍は、大雑把にいえば、数で中国、質で日本の優勢にあるが、最新兵器を中国側が先に配備した場合、日本の“質の優位”も崩れてしまう。なかでも重要なのは、制空権をめぐる戦闘機の戦いだ。

 例えば、現在、航空自衛隊はステルス機を持っていない。次期戦闘機に米軍のステルス機・F-35の調達が決まっているが、同機の開発は遅れており、自衛隊にいつ配備できるかは、未定だ。

 ところが、中国空軍はすでに殲20と殲31という2種類のステルス機の試験飛行を実現している。殲20はあまりステルス性が高くないが、殲31は米軍のF-35と酷似しており、そこそこステルス性を持っていると見るべきだろう。

「殲31はおそらくF-35の模倣ですが、最近はコピーの性能もかなり向上してきています。同様に、中国軍のコピー戦闘機も侮ってはいけません」(月刊誌『軍事研究』副編集長・大久保義信氏)

 パチモンだとしても、相応のステルス性を備えた殲31が攻めてきたら、F-15やF-2など既存の自衛隊機では太刀打ちできない可能性は大いにある。

 そして現代の戦争は、制空権を握られたら、そのエリアの確保はまず不可能だ。つまり、尖閣は敵の手中に落ちるということになる。 したがって、中国は自衛隊がF-35を調達する前に尖閣を取りにくるだろう。自衛隊は殲31の対地・対艦ミサイルの射程圏外まで後退せざるを得なくなる。

 頼みの米軍が空母艦隊で駆けつけてくれれば、中国軍を撃破できるという意見もある。ただ、中国は最近、対艦弾道ミサイル「東風21D」を開発した。「空母キラー」と呼ばれるこのミサイルが配備されれば、米軍の空母もうかつには近づけなくなるかもしれない。

 日中が戦争になっても、自衛隊が圧勝するという論調を見かけるが、最新兵器の配備競争で後れをとれば、それが致命的になり、自衛隊が敗北する可能性もあるのだ。

― 驚愕! 世界の最新兵器図鑑【2】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中