「ぼっち検定」が拡散。孤独はどこまでネタになる?

お一人様専門店も登場し、世は「一人客」に対し、受け入れ態勢を整えつつある。半面、仲間と過ごす人を“リア充”と呼び、一人でいることを“ぼっち”と自虐する層も増えている。果たして、「ぼっち」での行動はどこまで許容され、どこで屈辱を感じるのか。孤独感が浮き彫りになる休日に絞って、「ぼっち」の「OK/屈辱」の分水嶺を探った!

◆ネタ化する「孤独」の裏にある心理に迫る

おひとりさま, やってみた 民間研究機関「ニッセイ基礎研究所」が’11年に行った調査によると、「自宅で死亡し、発見まで2日以上経過」を孤独死と定義した場合、65歳以上の孤独死推計値は2万6821人にも上るとされている。

 また、’10年に放送されたNHKスペシャル「無縁社会 ~“無縁死” 3万2千人の衝撃~」では、番組タイトルにもあるように「身元不明で自殺と見られる死者」や「行き倒れ死」といった“無縁死”が、いまや年間3万2000件に及ぶことが報じられ、社会に大きな衝撃を与えた。

 かように、現代の日本人にとっては「孤独」であることは、社会不安を構成する大きな要素となっているのは間違いないであろう。

 そんななか、ネットでは、孤独を“ぼっち”という言葉に置き換えて、自嘲しつつもカジュアルにネタ化する風潮が目立っている。

 少し前に、【ぼっち検定】()なるネタツイートが2000RTを超える人気ツイートとして拡散し、話題になったのもその証左であろう。

※【ぼっち検定】の画像はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=441296


ぼっち このツイートを目にすると、ある者は自身の身と照らし合わせて自嘲し、またある者は「これくらい普通だ」と否定した。

 果たして、「ぼっち」での外出や行動はどこまでが許容され、どこからが屈辱になるのか? そこでSPA!は、「ぼっち」たちは普段、休日に外で過ごす場合どこに行くのか? 動態調査を実施した。

 孤独・単身を「ネタ」として消化する現代日本人。「ぼっち」行動のメンタリティとは一体どのようになっているのだろうか?

⇒【休日ぼっち100人アンケート】休日は一人で過ごしたい。でも将来は不安 http://nikkan-spa.jp/442240

取材・文/朝井麻由美
― 「ぼっち」休日動態調査【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中