経験人数の多い女子たちはセックスに何を求めているのか?

「現代用語の基礎知識」(自由国民社)をひも解くと、「やりまん⇒たくさんの男とセックスしている女」とある。では、なぜ彼女たちは誰とでもセックスするのか?その生態を真剣に考えたみた。

まずSPA!では、ヤリマンを快楽探求型(真の“ヤリマン”)、女狩人型(逆ナンOK!一期一会を好む)、自己実現型(自由奔放な“アタシ”が好き)、承認欲求型(もっとも多い“ヤリマン”だが……)の4タイプに分類してみた。ではヤリマンはいつ、なんのきっかけで覚醒・自覚するのか?果たして、彼女たちはセックスに何を求めているのか?大泉りか氏のもとに、三人のヤリマンが集まって座談会を開催。創造を超えた“剛の者”が集まった

【大泉りか】
クンニをしないメンタリティの男とはやらないが信条の快楽探求型。現在は彼氏とのセックスに落ち着いたが、今年も『ヤリマン総選挙2011』に参戦

【さち】
19歳・キャバクラ勤務。中1で処女を捨てるために援助交際して以来、年上狙い。承認欲求型から女狩人型への移行タイプか。現在、78歳の会社社長と1回10万円の関係を持つ。本人曰く「落ち着いた」

【優美】
29歳・フリーター。セックスはほぼ毎日。完全なる快楽探求型。「よりおいしいものが欲しくなる。セックスはスイーツ」と言うが、経験を重ねたがため、なかなか満足を得られなくなったと憂うアラサー

【マリ】
30歳・主婦。食事のお礼、家にお邪魔したからと、雰囲気に流されるがままにセックスをしてきた承認欲求型ヤリマン。3Pのお相手の一人と結婚。上がった様子も見せつつ、まだまだ隙が多そうな一面も


大泉りか

大泉りか

大泉 まずは現在のセックスライフからお伺いしましょうか。

優美 ほぼ毎日です。5年前からミクシィ使って、男を漁り始めたのが始まりです。裏アカウントを取ってエロ系の話をして、そこに寄ってくる男性とやりとりして気に入ったら会うという感じで。月20人はいくんじゃないんかな?

大泉 典型的な女狩人ですね。

優美 リピーターのセフレとするのことのほうが多いので、快楽探求型なのかもしれません。

さち 私は中学入ってすぐ、援助交際で処女を売ったのからセックスライフが始まって……。

全員 TVでしか見たことない! 

さち

さち

さち 同年代が嫌だったので、中学時代は出会い系で年上の人を探しては、食っちゃ寝してました。当時が一番激しかったかな。

マリ 中学3年間でどれくらい?

さち 覚えてない……。

大泉 よく「何人とやりましたか?」って聞かれるけど、やった人数なんて覚えてないよね。

優美

優美

優美 3桁なのか4桁なのかもわからない(笑)。

さち 高校生のときにどうしてもセックスしたくなって、その辺のお兄さん捕まえて駅でセックスしたり。でも今は、キャバで働いて、固定のおじいちゃんが2人いる程度。すっかり、落ち着いたし、もう、私なんて終わってますよ。

大泉 19歳なんて、始まってもないよ!

マリ ……私、普通かも。私の場合、奢ってもらってなんか悪いな、という理由で家に誘われるままについていくというのがとても多くて……。相手は飲み会で知り合った人片っ端に、とか。リピートも入れて月平均5~8人くらい。

大泉 ヤリマンというよりサセ子。サセマンというべきか。

マリ 例えば、貸していたDVDを返してもらうために相手の家に行って、男の人の家にあがったら、やらないと失礼じゃないか、といった変な先入観がありました。

大泉 でも、マリさんは3Pした片割れと結婚したんでしょ。やられてるマリさんを見て、今の旦那さまが「この人を守らなきゃ」と思ってプロポーズしたとか(笑)。

マリ

マリ

マリ 彼の言葉を聞いて、私も「この人、大丈夫か?」って心配になり、結婚を決めました(笑)。おかげさまで今はその旦那さまと週1で安定してます。

大泉 私もずっと、いろいろなプレイを試したり、年下や外国人、童貞とジャンルを変えるなど散々してきて、今は普通に彼氏とのセックスがいいよねってところです。

さち 実は私、今回の対談のお話をいただいて初めて、あれ? 私ヤリマン?って思ったんです。若気の至りかなぁ程度にしか思ってなかったんですよね。

大泉 私がヤリマンだと自覚したのは23、24歳くらいかなあ。それまでは自分は変態じゃないかと思っていたんだけど、あるとき、まさかのダブルブッキングで一日に彼氏と別の男と2回やったときに、ヤリマンかもって。

マリ 確かに、期間と密度で気づくことはありますよね。3日連続違う人と……で、さすがにこれは、となる。ただ、改めて自分のことを振り返ると、「イッたことがない」というのが自分のなかで大きかったんですよね。どうやったらイクんだろうというのを知るためだったところがあるかも。

大泉 不感症はヤリマンになりやすいという定説もあるんですよ。イケる自分探し。

マリ「自分探し」って言われると急に恥ずかしいなあ。

※後編に続く⇒「私たちだって“ムダ打ち”はしたくないんです」

― 徹底研究 ヤリマンたちの意外な生態【4】 ―

セク研!

乙女の快感、研究します!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中