海の家タトゥー禁止でバイト先を失ったJKたちが風俗に大量流入

JK, 女子高生, 海の家,タトゥー

女子高生とお散歩できる「JKお散歩」。摘発後も秋葉原などではサービスが継続されている

 今夏、風紀の乱れを理由に音楽を流したり、タトゥー姿を露出したりすることを全面的に禁止して話題となった湘南海岸。その裏で、困惑したのは毎年、海の家でアルバイトをしていた、タトゥー入りの女子高生たちだった。

「タトゥーが禁止されたから『もう雇えない』って、いつも働かせてくれていた海の家のオーナーに拒否られちゃって……」(高校2年・Aちゃん)

 こうして夏のバイト先を失った彼女たちは、実は夜の街で働き出し、秋になった今でも働き続けているという。海の家関係者Y氏はこう話す。

「実は、海の家のオーナーの中には、キャバクラやガールズバーを経営している人も多く、女子高生たちに年齢を偽らせて働かせているんです。今年は海の家で働けない女子高生が溢れ、仕方なくガールズバーで働かせるオーナーも多かった。それがきっかけで、夜のバイトを始めてしまうコが増えたみたいですね」

 海の家を禁止した結果、夜の街へ大量流入する女子高生たち。なかには、風俗にまで手を染めてしまう者もいるという。

「この前も秋葉原でJKお散歩(女子高生とお散歩できるサービスのこと)が摘発されたけど、その多くはこの夏からアルバイト感覚で始めたコばかり。海の家でアルバイトできないからって働き出したコもいました。彼女たちは夏休みの間、家にも帰らずに店に泊まり、荒稼ぎしていた。それを割のいいバイトと考えたコの中には、学校が始まっても家に帰らず、店から通学しているコもいます。JKお散歩サービス店からすれば、今まで働かなかった層も取り込めて、ホクホクみたいですが」(JK風俗サービス関係者)

 JKお散歩サービス店の中には、JKリフレ(女子高生によるマッサージサービス店)を併設している業者もあり、寮感覚で雑魚寝するコもいるのだという。

 海の家がタトゥー禁止した結果、生まれた夜の街への女子高生流入。意外な余波は、今後も続き、夜の街で働く女子高生を増やし続けそうだ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中