一般参賀で振っている「日の丸」は誰が配ってる?

 新年恒例の一般参賀が、今年も1月2日に皇居・宮殿でおこなわれる。昨年は7万9000人もの参賀者が訪れたというが、今年1年の安寧を祈るお言葉とともに、天皇、皇后両陛下と皇太子ご夫妻をはじめとする皇族の方々が、宮殿・長和殿のベランダから手を振られるお姿は、まさに日本の“新年の風物詩”と言っていいだろう。

一般参賀

一般参賀の模様 写真/宮内庁ホームページより

 ただ、この参賀の様子を伝える1月2日夕方のニュースを見ていていつも不思議に思うのが、参賀に訪れた夥しい数の人たちがみな、同様の日の丸を振っている点だ。

 旗そのもののサイズはもちろん、旗竿の長さや竿頭の形状など、テレビの画面を通して見る限りみな同じ日の丸のように映る……。毎年この日に遠路はるばる訪れる参賀者もいれば、正月観光の一環で立ち寄る方もいるはずなのに、なぜみな同じ規格の旗を「持参」しているのだろうか? 

 普通に考えれば、一般参賀を取り仕切る宮内庁の職員が参加者に直接配っているのではないかと思われるが、どうも様子が違うようなのだ。毎年、参賀に訪れるという都内の40代男性が話す。

「なかには、自分の家から持ってきている人もいるようですが、私は皇居に向かう道すがら、いつも『皇居参賀協力委員会』と書いた緑の帽子を被った人たちから手渡された小旗で参賀しています。彼らは宮内庁の職員ではなく国旗協会の人たちのようです」

 国旗協会とは内閣府所管の社団法人で、府のホームページを見ると、団体の代表は神奈川県の鶴岡八幡宮の吉田茂穂宮司が務め、設立の目的は「国民の理想を表わし、国を象徴する国旗の正しい理解と普及に努め、健全な国民の育成に資すると共に、世界の人々との間に相互理解の精神をつちかい、明るい日本と平和な世界の建設に寄与すること」との説明がある。要するに、国旗そのものの知識普及など啓蒙活動を推進する団体のようだが、彼らが参賀に訪れる人々に日の丸を手渡しているのだ。

「初めて一般参賀に行かれる方のなかには、自前で旗を持参するべきか迷う人もいるかもしれませんが、手ぶらでも問題ないということです。宮内庁の告知にも、『両陛下始め皇族方のお出ましに際し,長和殿中央付近で大きな旗やのぼり等を高く掲げることがないようお願いいたします』とあり、国旗協会の方が用意してくれる日の丸であれば安心。一般参賀は、年頭からとても厳かな気持ちになるのでオススメですよ」

 今年の参賀でも、天皇、皇后両陛下がお出ましになられるのは,午前10時10分頃,同11時頃,同11時50分頃,午後1時30分頃,同2時20分頃の計5回が予定されている。この日、今や「最強のパワースポット」とも言われる皇居まで赴き、荘厳な気持ちに浸ってみるのもいいのではないか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中