現役AV女優&風俗嬢がプライベートで付き合う男って、どんな人?

AV女優, アダルト, モテ, 出会い, 風俗, 風俗嬢 男子たるもの、一度はプロの女性とお付き合いし、めくるめく夜を堪能したい。しかし、実際にプロの女性は私生活でどのような男を選んでいるのか? そこで、現役のAV&風俗嬢3人が集結。存分に語り合ってもらった。

●現役AV女優 ユキ(仮名・23歳)
女優歴3年半。Hカップを武器に、巨乳モノに30本以上出演。飲みに出かけるバーやクラブが、数少ない男性との出会いの場とのこと

●元AV女優→現役デリヘル嬢 マミ(31歳)
風俗歴8年。極度の引きこもりで、仕事以外で家を出ることはほとんどないが、底抜けに明るい性格の持ち主。本人曰く「性欲は強い」

●現役デリヘル嬢 ミキ(20歳)
風俗歴2年。普段は奉仕する側だが、プライベートでは完全に奉仕してもらう側に。背中が性感帯で、風俗プレイでの得意技は素股


ミキ:私の彼は元々、お客さん。プレイしないのに、週に1回100分コースで口説きに通ってくれていたんです。最初は全然興味がなかったんですけど、時間が経つにつれて、会話も楽しくなって付き合っちゃいました。

マミ:100分ってのがポイントだよね。気持ちのない相手でも、100分以上ならありがたい。100分以下で口説かれてもウザいと思っちゃう。私の彼氏もお客さん。しかも、49歳のハゲオヤジ。プライベートでも会うようになって、いつの間にかずっと一緒にいる感じかな。ユキちゃんは?

ユキ:私はバーで意気投合した人と付き合っています。

マミ:ナンパ?

ユキ:バーテンを介してその場で仲良くなったんです。私は仕事を隠さないから「AV女優だよ」って伝えたら「覚悟のいる世界に飛び込めるところがスゴい!」って、理解を示してくれて……。偏見の目で見られることも多いから、嬉しかった。

ミキ:わかります~。私は、苦労話を聞いてくれるお客さんが大好き。大変な仕事ということをわかってほしいですよ。

マミ:本当そうだよね。1日に何人も相手にするから、正直「何本目だよ」って思っちゃうときもある。そんなとき「疲れてない?」なんて労いの言葉をかけられたら、コロっといっちゃいそうになる。

ミキ:でも、そんなお客さんはごく一部ですよね。力強く胸とかカラダを揉んできたり、奥まで指をガシガシ入れてきたり、本番をせがんできたり。ほとんどの客が、このどれかに当てはまる。どんなに優しくても、このうちどれか1つにでも該当したら、私はすぐ引いちゃいますね。その時点で、もうただの客……以下ですね。

マミ:そうそう。でも、逆にそのどれにも当てはまらなかったとしたら、見た目が20点でもプレイ終了時には80点のイイ男になってない? それが、今彼のハゲオヤジ。

ミキ:あと、私は“舌”が合うかどうかも重要。唾液の量とか、舌が絡み合う感じとか。フリスクを大量に食べてくる客は、さらに素敵ってキュンとしちゃいます。

ユキ:そういうのって彼氏とのプライベートセックスにも影響しませんか? AVの撮影はモンダミンが必須で、撮影前には必ずシャワーを浴びてからスタートするんですが、それがクセになって潔癖症になっちゃったんですよ。彼氏とのセックスも、シャワーを浴びないと絶対にイヤ!

ミキ:私は絶対にプライベートに風俗プレイは持ち込ませんね。本当は責められるのが超好きなので、彼とのセックスはマグロ状態。客は胸や下ばかり舐めてくるけど、本当は背中とか足の指の間とかを舐められたい。だから、彼氏には指示を出して責められたいところを舐めてもらっています。

マミ:私も性感帯を刺激できるように、彼を調教中。最近いい感じに育ってきて、もう離れられない。

ユキ:結婚とか考えます?

マミ:それはないかな。やっぱ風俗嬢だしね。世間の目は冷たい!

ミキ:私も今、同棲話があるんですけど、彼が私の仕事に疑問を感じ始めたとかでお預け状態ですね。

マミ:結局、男って最初だけ。自分のものになった途端、ヤキモチ焼いたり、仕事を否定してきたり。一人の女として扱ってくれたら、それだけで満足なのになあ。

 5/7発売の週刊SPA!に掲載されている特集『[AV&風俗嬢]と付き合うのは簡単だった!』では、上記のような現役AV&風俗嬢からのコメントだけではなく、実際に交際中のサラリーマンたちにも密着。彼女たちを射止める極意を教えてもらった。これからはプロの子を一本釣りだ! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!5/13・20合併号(5/7発売)

表紙の人/大野智

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中