不思議系少女の“ひつじ姿”に萌え! 漫画「ドリー・マー」が仕掛けるコスプレ美女TOP10

羊コスプレ

現在1位の阿久津美愉さん

 ネット文化の浸透で、テレビや雑誌など既存媒体のコンテンツ制作現場は新たな対応を求められている。かつては娯楽の中心的位置にいた漫画も例外ではない。

「市場規模は毎年シュリンクしており、売れる漫画はほんの一部。それ以外は忘れられるスピードが非常に早くてビジネスとして成立しづらい。漫画家はすぐに育つ人なんて例外で、これまでは出版社や人気作家がアシスタントとして修行の場を設け、時間をかけて一人前にしてきました。それができなくなってきており、新人でも一回で結果が求められる。売れなかったら上がり目はない。非常にシビアです」(大手出版社社員)

 そんな中、知恵を絞った仕掛けで話題を集めている新人作家が描いた作品がある。新人ながら週刊少年サンデーで異例の連載を勝ち取った、バコハジメ氏の『ドリー・マー』だ。

 得体の知れない「羊」が支配する世界を、人間関係に絶望した少年・マー君が人外ヒロイン・ドリーとサバイブしていくストーリーはコミカルでもあり、シニカルでもある。「進撃の巨人」にも通じる世界観なのだが、今、この「ドリー・マー」がネット上で大きな話題となっているのだ。

 そこには、練られた作戦があった。作中で不思議系少女的な魅力を醸すヒロイン・ドリーのコスプレを公募。集まったコスプレ姿はツイッターで順次公開し、RT総数によってランキング化した上、5月上旬時点で1位になったコスプレイヤーは写真集デビューを約束する、というものだ。応援団長にはメーキャップアーティストのざわちん氏もついており、かなりの盛り上がりを見せている。(※初代ドリー オーディション:http://www.audition-adpro.net/dreamer/

 ここでは、4月15日時点でのランキングのベスト10を紹介しよう。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=835155(2位~10位の羊コスプレ美女9人)

 反響について、少年サンデー編集部の瓜生昭成氏に聞いた。

「開始1週間で、50人ほどのコスプレイヤーさんから投稿がありました。みなさん、とても可愛い! 1位の阿久津美愉さんは5000以上もRTされています。中には、羊の着ぐるみを自前で用意してくださる方もいて、嬉しいですね。手探りですが、新しい漫画のプロモーションになればと思って取り組んでいます。作者のバコハジメさんの初連載だから、何としても売りたいんです」

 目下、2万部と売れ行きも堅調な「ドリー・マー」。物語はまだ始まったばかりだが、ストーリー展開とともにグラビア写真集の行方も気になるところだ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

ドリー・マー 1

早くも話題沸騰中!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中