小保方さんの“オヤジ転がし”の原点はAO入試にあった説

◆少子化で「AO入試」が増加、大学の入学事情は大混乱!

小保方さんの“オヤジ転がし”の原点はAO入試にあった説 STAP細胞論文の研究不正事件を引き起こした小保方晴子氏は、早稲田大学のAO入試合格1期生だった。小保方氏を取材したH記者は、AO入試が事件の“原点”となったのではないかと分析していた。

「筆記試験なしの面接と書類で選考されるAO入試は、プレゼン能力に優れる小保方さんにとっては有利なものだったに違いありません。研究不正事件で理化学研究所の対応を主導した川合真紀理事も、『小保方さんは直接話すとすごく魅力的な人。言葉に迷いがないんです。ストレートに物事を伝えることができる』と絶賛していました。記者会見などでの小保方氏の言動とぴったり重なり合い、『なるほどな』と思いました。それが研究者として頭角を現す原動力になったのでしょう」

 小保方氏は、世界的科学雑誌『ネイチャー』の論文掲載で脚光を浴びたものの、事件発覚後、ズサンな実験ノートの記述をはじめ、基礎的研究能力が欠如していたことが明らかになった。

「小保方さんは、特に年上の男性にかわいがられていました。早稲田大学のAO入学に始まり、学部生にも劣る能力のままでハーバード大学、理研と、次々にステップアップしていきました。その“オヤジ転がし”の原点がAOだったのでは」(H記者)

 小4なりすましサイトで物議を醸した青木大和氏も慶應大学AO入学。「慶應大学合格率8割以上」を謳うAO専門予備校の出身だ。AO入試の実情をよく知る大学教員I氏はその“受験テクニック”についてこう語る。

「成績もそれほどよくない、部活動でも目立った成果をあげていないという生徒たちに、NPOやベンチャー企業などの立ち上げ、または自前のNPOに参加させて“実績づくり”を行う。多くはボランティアや国際交流などですが、選考にあたる大学教員は社会人経験の少ない者も多く、これにコロッと騙されてしまう。彼らが立ち上げた多くの団体は、入学が決まった後からはピタリと活動が停止してしまうのですが……」

※写真はイメージです
― 大学が[AO入試]で狂っている! ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中