スピリチュアル女子と仲良くなれる列車。縁結びの神様は「寝台列車サンライズ出雲」にもいた!?

 東京~島根県出雲市を結ぶ、寝台列車として人気を集めるサンライズ出雲。近年は縁結びにご利益のある出雲大社への参拝がスピリチュアル女子の間でブームになり、「若い女性と仲良くなれる列車」として有名なのだという。鉄道オタクながらナンパ好きという高井洋平さん(仮名・36歳)が話す。

スピリチュアル女子のナンパ成功率は高い

一人旅する女性の気持ちは…(※写真はイメージです。本文とは関係ありません。©Sigma.DP2.Kiss.X3)

「基本的には個室なのですが、一つだけ『ノビノビ座席』という車両があって、ここだけフェリーの2等船室みたいな造りになっているんです。そのため、出会い場に最適。僕みたいな鉄オタでも話し掛けやすく、お互いの旅の話なんかで盛り上がれますよ」

 出雲行きの車中で声を掛けまくり、メアドやLINEを交換。コツは「焦らないこと」だそうだ。

「東京からわざわざ出雲大社まで縁結びを祈願しに行く女性ですから、こじらせ女子も交ざっている。そんな女性と即ヤリを期待しても無駄です。それよりも参拝が終わった頃を見計らって連絡を取り、旅先での出会いに運命を感じさせたほうが成功率は高い。東京に戻って男女関係に発展したコは何人かいますよ」

 サンライズ出雲は人気が高く、チケット入手は大変だが、ひとたび寝台列車に乗ってしまえば、可能性は無限大に広がっている。

★東京から出雲に移動するまでの約12時間が勝負。男性との出会い願望の強い女性が多いため、成功率は高い!

― 発情女出没スポット ―

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中