広瀬すず、福士蒼汰ら人気タレントが続々登場。西内まりや涙の卒業式も【Seventeen夏の学園祭2015】

 女子高生向けティーンズ雑誌『Seventeen』の読者3000名招待イベント「Seventeen 夏の学園祭2015」が8月25日にパシフィコ横浜で開催され、5年にわたって専属モデルとして活躍した女優・歌手の西内まりやが卒業した。

「Seventeen 夏の学園祭2015」では西内まりやの卒業式が開催された

 同イベントは1997年の初開催から今年で19回目を迎え、広瀬すず、中条あやみ、三吉彩花といった女優から、福士蒼汰、千葉雄大、中川大志など若手の中でもひときわ注目を集める俳優らが大集合。さらにはゲストでFlowerがスペシャルライブを行うなど、読者にとっては大満足のビッグイベントとなった。

 もちろんイベントの中心は、同誌モデルによるファッションショーだ。女子高生憧れのブランドからカジュアルに楽しめる洋服をモデルたちが身にまとい、抜群のスタイルで颯爽とランウェイを歩いていった。中条あやみがブルーのドレスで登場し会場を沸かせるや、広瀬すずのキュートで大人っぽいメイク、さらには三吉彩花がセクシーな衣装で堂々と歩く姿には歓声が沸き起こった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=924800

 ショーの幕間には若手の人気俳優による「イケメン告白ショー」が行われ、イケメンたちの甘い台詞に会場の女子たちは大興奮の悲鳴を上げメロメロに。中川大志と吉沢亮の対決では、お互いに睨み合い闘志をたぎらせたかと思いきや、ダチョウ倶楽部のノリで顔を近づけそのままキス。さらには福士蒼汰と千葉雄大がハグをする場面もあり、会場には黄色い歓声が沸き起こっていた。

 さらには「ミスセブンティーン2015」が舞台上で発表されることに。応募総数6,704名の中から、いずれも2000年代生まれの中学生である坂井仁香、マーシュ彩、松岡花佳の3人の新星が選ばれ、華々しいランウェイデビューを飾った。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=924802

 緊張しっぱなしの後輩たちに、三吉は「3人ともすごく堂々としていて、きれいなウォーキングでしたし、何よりかわいい。自分らしさを出して、安心してついてきてね」と先輩らしいエール。中条も「2000年以降の生まれで、そこからすごいなって思ったんですけど、本当にしっかりしてるし、STモデルはみんなファミリーなのでこれから一緒に頑張りましょう」とコメント。最後に広瀬も「私もまだ全然年下だと思っていら、後輩が増えて変な感じなんですけど、アットホームなセブンティーンを一緒に盛り上げていきましょう!」と歓迎していた。

 イベントの終盤には西内まりやの卒業式が行われ、STモデルとしての活動を振り返るVTRが映し出される。その後、純白の肩出しドレスで登場した西内に、同期の三吉彩花から手紙のプレゼントがあり、ともに感極まって涙を見せていた。

Seventeen 夏の学園祭2015

当日朝にできたばかりの新曲をサプライズ披露

 西内は「モデルのみんなは兄弟のよう。本当に仲が良くて、一人ひとりいい子ばっかりだし、大好きな後輩ばかりで恵まれてるなと思います。私はこうやって卒業式という時間をいただいて、本当に幸せ者だなと感じています」と仲間への感謝の気持ちを表し、この日の朝にできあがったばかりという卒業ソングをキーボードの弾き語りで初披露。曲名は「今決まりました。『宝物』です」と明かし、涙ながらに歌い終わると「素直な気持ち、伝えたよ。届いたかな? もう思い残すことはありません。これで旅立ちます!」と晴れやかな笑顔を見せた。

 さらに、現在放映中のTBS系ドラマ『ホテルコンシェルジュ』で共演する俳優・三浦翔平がシークレットで登場し、花束をプレゼント。サプライズへの驚きを隠せない西内の頭をポンポンと優しく撫でて励ましていた。最後に「人生を振り返ったときに宝物と思える時間ができて感謝しています。これからは自分の足で一歩一歩、歩いていこうと思います」と決意を語り、セレモニーは幕を閉じた。

 翌日には4thシングルが10月28日に発売されることが発表され、ドラマの主演を務めるなど大活躍の西内まりや。過去には木村カエラ、北川景子、水原希子、橋本愛らがモデルを務めた同誌の出身なだけに、今後の飛躍を期待したい。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=924811
【Seventeen 夏の学園祭2015 画像集】vol.1


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/924829
【Seventeen 夏の学園祭2015 画像集】vol.2


<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun)>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中