結成8年目もSKE48は突っ走る!高柳明音が「次の47都道府県ツアー」を直訴も!?

 10月5日に劇場デビュー7周年を迎えたSKE48。7周年記念で行われた特別公演では、ユニット「ラブ・クレッシェンド」(江籠裕奈、小畑優奈、北川綾巴、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰、松井珠理奈)が結成され、11月25日にCDデビューすることが発表された。またカップリングとして、「キャラメルキャッツ」(大場美奈、木本花音、佐藤すみれ、惣田紗莉渚、二村春香)、「トランジットガールズ」(梅本まどか、大矢真那、柴田阿弥、須田亜香里、高柳明音、宮澤佐江)、「フルマリオン」(東李苑、古畑奈和)、「デッドストックダイヤモンド」(斉藤真木子、谷真理佳、松村香織、山内鈴蘭)の4つのユニットが参加することも発表された。派生ユニットはAKB48では、「フレンチ・キス」、「Not yet」、「渡り廊下走り隊」などがCDデビューしているがSKE48では初。SKE48は汗の量やダンスの全力感を売りにしてきたが、ユニットではどのような楽曲でデビューを飾るのか気になるところだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=956029

SKE48の7周年記念イベント

左から小畑優奈、江籠裕奈、北川綾巴、松井珠理奈、熊崎晴香、後藤楽々、菅原茉椰

 特別公演以外にも、4日の前夜祭ではトークショーやミッドナイト公演が劇場で行われた。トークショーでは、各期の名シーン映像を加入する前からのSKE48オタとして知られる福士奈央が「どんちゃんセレクト」と銘打って各期メンバーの前で披露し、思い出話に花を咲かせた。トークショー中にはサンシャインサカエTSUTAYA内特設ステージで写真集大ヒット祈願のためにドミノ倒しをする松村香織の様子も中継。あつあつおでんや谷真理佳の妨害などを乗り越え、最終的にはドミノを並び終えるも写真集はビクともせず。チャレンジに失敗したため、成功時に披露するはずだった松村のソロ曲「マツムラブ」はチャレンジの企画のMCを務めた矢方美紀が披露することとなった。

SKE48の7周年記念イベント

トークショーのMCを任された福士奈央(右から2番目)は終止興奮気味だった

 ミッドナイト公演は、深夜0時〜午前2時までという異例の時間帯に開催された公演で史上初の試み。大人メンバーから10名が選抜され、いつもとは違ったセクシーなパフォーマンスやギリギリトークを展開し、会場を沸かせた。なかでも山内鈴蘭はいつも以上にテンションも高く、メンバーからは「水を得た魚」のようだと言われていた。

SKE48の7周年記念イベント

山内(ステージ中央)はいつも以上にキレのある動きを披露

 今年も盛況となった周年記念イベント。特別公演前に行われた記者会見では各期より代表メンバーが登場。

SKE48の7周年記念イベント

前列左から須田亜香里、大矢真那、松井珠理奈、高柳明音、後列左から後藤楽々、古畑奈和、柴田阿弥、北川綾巴

 8月に豊田スタジアムという地元最大のステージをクリアし、8年目はどこを目指すのかという記者の質問にまず須田亜香里が「大きなところじゃなくていいから、小さなライブハウスみたいなところでたくさんやりたいです。遠くの存在になりたくなくて、いつまでも身近な存在でいたい。ファンの方との絆の強さがSKEにとっての強みだし、私たちの支えなので。大きくなるにつれ近くなれる存在でありたいです」と語った。高柳明音は「まず47都道府県ツアーを回りきりたいです。(私も)25歳、26歳になると大変ことになるので。それに最初に回ったメンバーと最後に回り終わるメンバーが全然変わってたら悲しいじゃないですか。大人の皆様よろしくお願いいたします。早く(次を)発表してください」と新たな直訴をした。松井珠理奈は「AKBの選抜にSKEのメンバーがもうちょっと入ってほしい。せっかく総選挙にあれだけ(選抜に)入ったので、ほかのグループのファンの人にも良さを知ってほしいし、いろんなところで発信できるようにしていきたいです」と野望を語り、大矢真那は「名古屋でのイベントをもっと増やしていきたいです。選抜でなくても個人個人輝いてるコがいっぱいいるので、グループではなくも少人数で出るイベントもやっていきたい」と地元愛も忘れない姿勢をみせた。

 新たな試みも仕掛けつつ、いまだ目標を持ち続ける彼女たち。SKE48の8年目がどのようなものになるか目が離せない。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=956046(7周年記念イベントの様子)

〈取材・文・撮影/ヤスオ 写真提供/AKS〉

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】

スズメは恐竜でも“ピー助”は恐竜じゃないにショック!マクドナルドのフィギュアで覚える恐竜の定義【PR】
 最強の恐竜とは何か?と聞かれれば、誰もが思い浮かべるのがティラノサウルスだ。映画やアニメなどでおなじみの肉食恐竜だが、ティラノサウルスがなぜ最強なの…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中