「ネットデマ」で迷惑している被害者たち。右も左も関係なし!?

 明らかな捏造から真贋の見極めが難しいものまで、ネット上には無数のデマが流布している。そんなデマに迷惑するのは関係者や家族だ。

◆無知なネトウヨのせいで右翼まで馬鹿だと思われる

「ネトウヨには、本当に迷惑してます」

皇居 右翼団体職員の川端浩さん(仮名・29歳)は憤りを隠さない。

「『皇居の掃除を手伝わせていただく勤労奉仕に行くと、天皇陛下や佳子さまに会える』というデマが広まったせいで、宮内庁がこれを問題視。申請が厳格になり、我々が割りを食うハメに……。

 また、最近、講演にネトウヨが来るようになったのはいいが、質疑応答で『マスコミは在日に乗っ取られている』とか、デマを本気で信じた発言を繰り返す。我々までバカだと思われるので、お願いだから本当にやめてほしい」

◆放射能デマを真に受けた妻により一家崩壊の危機に

「原発事故以来、左翼がネットで撒き散らすデマを妻が頑なに信じるようになって……」

 田中哲郎さん(仮名・42歳)は、憔悴した顔でこう絞り出した。

「それだけじゃなく、SNSで繋がった知人にそそのかされて、震災がれきを受け入れた地元自治体の首長を訴えるわ、脱原発候補として市議選に出馬するわで、立派なプロ市民に。幼い子供がいるのに家事を放りだし、高校生の娘が家出しても『家庭なんて小さいことより、国のことを』と聞く耳を持ちません。もちろん選挙は最下位で落選、供託金は没収で我が家には借金だけが残りました……」

 これらの例が示すのは、本人たちは至って真面目に正義感から動いているということ。それだけに周囲も対応が難しいのだ。

 10/20発売の週刊SPA!では「図解[ネットデマ]に踊らされる人々」という特集を掲載中。右も左も関係なし、なぜデマを信じ込んでしまう「残念な人々」が発生してしまうのか? <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!10/27号(10/20発売)

表紙の人/ 広瀬アリス

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中