SNSも韓国語で…女優・福田沙紀、7年間の韓国語学習を演技に生かす

 11月2日より映像配信サービス「dTV」で配信されるドラマ『シークレット・メッセージ』は、上野樹里と人気グループ・BIGBANGのT.O.P from BIGBANG チェ・スンヒョン(以下、T.O.P)という日韓のスターがW主演することで話題の純愛ラブストーリーだ。

 そんな同作で、T.O.P演じる“ウヒョン”に恋い焦がれる女性を演じるのが、女優の福田沙紀(25歳)である。

 福田が演じる“マリコ”は、ウヒョンが滞在するゲストハウスのアルバイトをしており、福田は劇中、ウヒョンとその先輩・ソンジュンというふたりの韓国人キャストと多く接する。ドラマのなかで流暢に韓国語を操る福田だが、一体どうやって身につけたのだろうか?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=971292

福田沙紀福田「実は、プライベートで7年間、独学で韓国語を勉強してきたんです。仲の良いお友達が勉強していたのがきっかけですね。友達なら分からないことがあっても気軽に聞けるかなと思い、わたしも勉強しはじめました。お仕事があるから語学学校に行ったり留学したりはできないので独学で勉強しました」

◆T.O.Pは「すごくチャーミングな方」

 そんな独学を積み重ね身につけた韓国語。福田のインスタグラムは韓国語で投稿されることもしばしばだが、この語学力は今回の『シークレット・メッセージ』の撮影におけるコミュニケーションでも大いに役立ったようだ。

――T.O.Pさんとの撮影現場での印象的な出来事はなんですか?

福田沙紀福田「すごくチャーミングな方なんだな、と思えることがありました。カフェのシーンを撮影するとき、わたしはフレンチトーストを食べてたんですけど、T.O.Pさんのところにはコーヒーくらいしかなかったんです。

 そしたらT.O.Pさんは、わたしのフレンチトーストをじーっと見られてたので、『甘いもの好きなんですか?』って聞くと、『好き』と一言。あんまり甘いもの好きそうなイメージないですよね。で、『よかったら食べますか?』って言ったら、それには『ううん、大丈夫』って返すんですけど、その後もじーっとフレンチトーストを見てるんです(笑) なんか、かわいらしいなって感じましたね」

――それはかわいいですね。BIGBANGの音楽は以前から聴いてたんですか?

福田「はい、もちろんです。わたしはK-POPの曲を聴きながらも勉強してたので、BIGBANGもよく聴いていました。感性にすごく響く曲が多いですよね。特に、今年の5月に発売された『LOSER』は、初めて聴いたとき思わず泣いてしまいました」

――BIGBANGは、『LOSER』の発売から1か月ごとに立て続けで新曲を計8曲発表しましたよね。『シークレット・メッセージ』の撮影期間はその時期と重なっていたようですが、T.O.Pさんはやはり忙しそうでしたか?

福田「そうですね。すごく忙しい日々を過ごされていたと思います。撮影が休みのときには、ライブのために中国などに飛び回られてましたから……。でも、T.O.Pさんは現場でそういう忙しさを全然感じさせないんです。それがすごいと思いました。

 仕事に対してはとにかく真摯で、音楽活動でも俳優活動でも表現力やセンスにとても長けてらっしゃいますよね。でも、だからといってとっつきにくいという面は全然なくて、すごく素朴で純粋で人間らしい方でした。彼のファンのみなさんはとても幸せだな、と思いましたね」

◆“サランスロウン”な演技を見て欲しい

――『シークレット・メッセージ』は、どんな作品ですか?

福田沙紀福田「“LINE”というとても現代的で身近なツールで出会ったハルカ(上野樹里)とウヒョンというふたりがストーリーを展開するんですけど、だからといって『好き』とか『かっこいい』『かわいい』とかってイチャイチャするわけではなく、ハルカもウヒョンもその出会いをきっかけに自分自身や自分の過去と対峙していく物語なんです。出会いの大切さをぜひ感じていただきたいですね」

――そんなななかで、福田さん演じる“マリコ”についての見どころは?

福田沙紀「マリコは、とっても“サランスロウン”な役なんです。韓国語で“愛らしい”という意味ですね。そういう役どころに合わせて、わたし自身も普段使う韓国語ではなく“マリコ”としての韓国語を意識して演じました。そんなサランスロウンなマリコちゃんを見て欲しいですね」

ドラマ『シークレット・メッセージ』は、日本最大の映像配信サービス「dTV」で11月2日より日本独占配信される。携帯キャリアを問わず登録可能で、スマホ、PCのほか、dTVターミナルを使えばテレビでも簡単に視聴できる。 <取材・文/宇佐美連三 撮影/長谷英史>

■作品情報「シークレット・メッセージ」
毎週月、水、金曜更新 全10話
特集ページ:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0005005

<dTV会員限定プレミアムイベント生配信情報>
出演:上野樹里、T.O.P from BIGBANG チェ・スンヒョン
日時:11月2日(月)20:00
視聴対象者:dTV会員

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中