一足はやく煩悩を払いたい! 除夜の鐘より手軽な方法

 今年も残すところあとわずか。1年間の煩悩を、新年までには断ち切りたい。除夜の鐘を108回撞くより手軽な方法で、煩悩とおさらばしておこう。

◆全国で広がる、定番の坐禅修行

 煩悩を払う定番といえば座禅だが、近年は寺ブームによって気軽に参加できるようになった。曹洞宗や臨済禅・黄檗禅の公式サイトでは、坐禅ができる全国の寺院が検索できる。

 最初は境内の寒さや足の痺れに捕われて集中できないが、お坊さんからバチッと背中を叩かれれば、気合いも入りすっきりと爽快な気分になる。膝が痛くてあぐらが厳しい場合は、椅子での坐禅が可能なお寺もあるので問い合わせてほしい。

 坐禅では断ち切れないほど煩悩にまみれているという場合は、滝行体験もありだ。東京西多摩の真言宗天光寺などで行える。ただ、今のシーズンはかなり身体に堪えるかもしれない。

◆メンズオンリーのヨガで、身体もほぐして一石二鳥

 ヨガは運動的要素だけではなく、呼吸法や瞑想などといった要素も含まれている。若い女性がやるイメージが強いが、久しく運動をしていない中年男性にも始めやすい。ただ、女性ばかりの教室では、断ち切るはずの煩悩も増してしまうだけ。近ごろは東京・大阪を中心に、男性のみのヨガ教室も登場しているので検索してほしい。

 また、お寺でもヨガ教室が開かれており、こちらはいっそう効果がありそうだ。身体がほぐされインナーマッスルも鍛えられるので一石二鳥。

◆食欲からの脱却を試みる。プチ断食

 断食がダイエットに効果があるのはよく言われることだが、食べない期間を作ることで精神的にも安定し、身体がすっきりする気分になると言われている。外出せずに手軽に出来るのも良いところ。

 さすがに1週間や1ヶ月の断食は現代の日本社会では厳しいが、半日や1日だけ食事をとらない「プチ断食」という方法もある。ためしに、取材班が前日から軽めの食事を取り1日だけ断食してみたところ、断食明けはお味噌汁が五臓六腑に染みわたった。

 最後は、除夜の鐘を手軽に撞いた気になれるアプリを紹介したい。AppStoreには「一〇八の煩悩 除夜の鐘鳴らし」など数種類の鐘撞きアプリがある。これもネタとして抑えておいてもよいかもしれない。 <文/日刊SPA!取材班>

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中