雑学

マッサマンカレーの「マッサマン」の意味って?

 近年、飲食店のメニューで見かける機会が増えたマッサマンカレー。

 大手飲食店のデニーズが期間限定メニューとして提供、2014年には「いなばのカレー缶」シリーズに加わり、2015年には日清がカップヌードルにマッサマンカレー味を出したことで一躍有名になった。

いなば食品株式会社ホームページより

 そもそものブームのきっかけになったと言われるのが、米国の情報サイト『CNN Travel』で2011年に発表された「世界で最もおいしい50種類の食べ物(World’s 50 best foods)」でマッサマンカレーが第1位に選ばれたこと。以降、日本国内の外食産業もこのカレーに注目するようになった。

「マッサマン」って?


 だが、そもそもマッサマンカレーとはどのような料理だろうか。

 マッサマンカレーはタイカレーの一種で、主にタイ南部で食べられている甘みのあるカレー。マッサマンとは「イスラム教の」という意味。その名の通り具材には豚肉を使わず鶏肉を使っているのが特徴だ。

 2011年ごろは一過性のブームにすぎないと思われたマッサマンカレーだが、ここ一年ですっかり我が国にも定着。CoCo壱番屋の業績好調を見てもわかるように、国内のカレー市場はまだまだ拡大の余地がある。

 今後、マッサマンカレーに次ぐ新たな世界のカレーに注目が集まる日が来るかもしれない。 <文/日刊SPA!取材班>

ハッシュタグ




おすすめ記事