R-30

【飲み会でダイエット】1杯目はビールを選べ

忘年会に、正月の宴会と、一年で最も太りやすい季節がやってきた。ちまちまとしたことを気にせず、気持ちよく飲んで食べて、それでも太らないちょっとしたテクニックを伝授しよう。正月休み明け、スマートな貴男に女たちはもうメロメロだ!

◆酒の選び方

太りやすさはお酒によっても違いがあり、一般的に醸造酒より蒸留酒のほうが太りにくいと言われている。これは糖質が少ないためであり、そこに目をつけたのがカロリーゼロや糖質ゼロのお酒だ。

ビール「でも、せっかく飲むなら、好みのお酒を飲みたいでしょ。飲み方を少し工夫するだけでも、メタボに対抗できますよ」というのがダイエットカウンセラーの伊達友美先生。例えば、最初の1杯に発泡系のお酒を飲むのは有効だ。

「炭酸によって胃が刺激されて、胃酸の分泌がよくなるんです。1杯目にビールやシャンパンというのは習慣化していますが、実は理にかなっているんですね」

消化がスムーズに進めば、栄養が脂肪に変わる前に消費・排出できるのだ。ただし、食欲の増進効果もあるのでご用心。唐揚げなど脂っこいものへの欲求が高まってしまうのだ。そこで、2杯目以降はお酒を替えて対抗するのだ。

二杯目「2杯目からは、常温のお酒を選んだり、熱燗やお湯割りにしましょう。体を冷やすと代謝が落ちてしまい、消化に悪影響を及ぼすからです。冷たいものがよければ、生グレープフルーツサワーもお勧め。“生”というのが重要で、生の果物から酵素を補給することで、消化の助けになります(生であればほかの果物でもかまわない)。居酒屋をフルーツを取る貴重な機会と考えてみてください」

さらに“何にでもチェイサー”。一般的にはウイスキーや焼酎と共に飲むところを、ビールでも水割りでも、とにかくチェイサーをちびちびとやると効果的なのだ。
「アルコール摂取による脱水症状を改善して血液の循環をよくし、アルコール代謝をスピーディにします。また老廃物の排出も促します。肝臓がアルコールの代謝で手いっぱいになると、ほかの栄養素の処理に能力を割けなくなり、エネルギー代謝も落ちてしまうのです。お水はできれば常温で、少しずつちびちびと。冷水をがぶ飲みすると、体が冷えて代謝が下がり、消化吸収も悪くなります」

二日酔いになりにくそうなのもうれしい効果だ。

伊達友美【ダイエットカウンセラー 伊達友美先生】
管理栄養士。約5000人の栄養指導に関わり、食べながら痩せる方法を提唱する。近著『やせる!伊達式・コンビニでダイエット』(廣済堂出版)

― 年末年始 酒を飲んでも太らない裏技【1】 ―

やせる!伊達式・コンビニでダイエット

目からウロコのダイエット新法則




おすすめ記事