R-30

ヤフオクで仕入れ、アマゾンで売却…ネット完結の“電脳せどり”は儲かるのか?

iphone

iPhone5s。仕入れ1万円 →利益3万9800円に。フリマアプリの掘り出し物といえば「スマホ」。投げ売りに近い価格で仕入れるため、驚異的な利益率を誇る

「せどり」といえば、ブックオフで仕入れてヤフオクで売るのは過去の話。今はネットで仕入れてネットで売る「電脳せどり」が主流だ。「せどりの学校ドットコム」主宰の斉藤啓太氏がその手法を明かす。

「ヤフオクなどのオークションサイトや楽天などのネットショップで仕入れ、アマゾンで売却するのが基本的な流れ。それで儲かるのかと不思議でしょうが、世の中には『ネットショッピングはアマゾンだけ』という層が意外と多く、十分利益を上乗せできるのです」

 つまり、アマゾンとアマゾン以外の相場を比較し、差額がある商品を見つけ出すのがポイントだという。

「携帯電話やゲーム機、家電、フィギュアなどが狙い目です。ゲーム機はジャンク品の叩き売りを大量に仕入れてまとめて“セット販売”にすると、業者が買い取ってくれます。家電はウォークマンやビデオデッキなど、生産が終了したレトロ品も人気ですね」

 また、それらの仕入れ先として注目なのが、若い世代を中心に流行のスマホ用「フリマアプリ」。

「メルカリやラクマなどはネットでの売買に慣れていない未経験者が多い。相場度外視で『捨てるくらいならお金になればいいや』と出品しているので、掘り出しものが見つかる可能性が高いのです」

次のページ 
さらに大きく確実に儲ける最新のテクニック

1
2




おすすめ記事