エンタメ

須田亜香里がイケメンに!?『AKB49~恋愛禁止条例~』SKE48単独公演ゲネプロレポート

 4月21日~26日、ミュージカル『AKB49~恋愛禁止条例~』SKE48単独公演が名古屋・中日劇場で全12公演にわたって上演される。前日の20日には、出演メンバーの囲み取材とゲネプロが行われた。今ミュージカルでは、主人公の「浦山実・浦山みのり」とヒロインの「吉永寛子」がWキャストになっており、須田亜香里(浦山)と江籠裕奈(吉永)をチーム須田、東李苑(浦山)と惣田紗莉渚(吉永)をチーム東と分けている。公開ゲネプロに関してはチーム須田が披露された。

須田亜香里がイケメンに!? 『AKB49~恋愛禁止条例~』SKE48単独公演ゲネプロレポート 囲み取材やゲネプロから見えてきた舞台の注目ポイントを紹介する。

【注目ポイント】須田亜香里に新境地!? 男性役が見事にハマる 

須田亜香里がイケメンに!? 『AKB49~恋愛禁止条例~』SKE48単独公演ゲネプロレポート

ハツラツとした少年感漂う浦山実役の須田亜香里

 この舞台は過去2回行われており、浦山役は宮澤佐江、古畑奈和が演じている。どちらも評判がよく、次を任されるプレッシャーもあっただろうが、須田は形からまず気持ちの強さを示してみせた。女装してAKB48に入る男子高校生役に合わせて髪を切ってきたのだ。約30cm、襟足を刈り上げるほど短く切った髪は、人生で一番短いとのこと。須田は「稽古を重ねるうちに、男のコの役を演じるのが難しくて、試行錯誤するうちに、男心がわかるように髪を切ってみました」「役と向き合うなかで、須田亜香里が邪魔をする。(髪を切って)1㎜でも役に近づけるなら」とその思いを明かした。

 アイドルにとって髪を切ることはファンが離れてしまうリスクなどもある。しかし、このイメチェンに「意外とイケメン」「似合っている」と好意的な声も多い。演技の面でも須田は「今までで演じた人のなかで一番野球部っぽさを出せたと思う」と語るようにこういう男のコいそうだなと思わせる見事な振る舞いをみせた。男性役を演じることで、いままでにない須田亜香里の魅力が引き出され、もしかして女性ファンが増えるかも、と思わせるイケメンっぷりをのぞかせていた。

⇒【写真】はコチラ(須田亜香里の演じる浦山実・みのりの画像)http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1096856

次のページ 
イメージを一新させる個性的なキャストたち

1
2
3




おすすめ記事