R-30

外仕事ついでに「銭湯巡り」を楽しむビジネスマンたち

 “スタバでMacBook”を筆頭とする、カフェでPCを開くビジネスパーソンを「ノマドワーカー」とスカして呼んだのも今は昔。今や移動中でも仕事ができてしまう環境に。気づけば24時間、仕事まみれ……そんな毎日を快適にやり過ごすためのビジネス空間とワザを探ってみた

外仕事ついでの「銭湯巡り」のすすめ

外仕事ついでの「銭湯巡り」のすすめ


 徹夜明けや気分転換に銭湯を愛する外仕事人は多い。なかでも、「早朝6時から開いていて徹夜明けに最高!」(38歳・コンサル)、「建物と浴室の岩山が都の有形登録文化財ということに束の間、癒やされる」(40歳・印刷)とダントツ人気なのが御徒町の「燕湯」。

御徒町の「朝湯 銭湯燕湯」

御徒町の「朝湯 銭湯燕湯」HPより

 また、「午後3時から開いてる銀座1丁目の『銀座湯』や銀座8丁目の『金春湯』は駅から近くて便利」(41歳・広告)、「横浜駅のスカイスパは駅ビルにあるうえ、清潔で最高。風呂上がりに終日、そこで仕事することも」(33歳・生保)と、行きつけの場所がある人が多い一方、「新宿のとある銭湯にふらりと入ったらハッテン場だった!」(34歳・建設)なんてオチもまた一興。ノマドならではの風呂巡りを楽しんでみては。

⇒【資料】はコチラ(オススメ銭湯MAP)
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1097155


外仕事ついでの銭湯巡りのすすめ― 最強[ビジネススポット]を探せ ―




おすすめ記事