雑学

人は24時間で「記憶力」をどこまでアップできるか? に挑戦

語呂合わせと身ぶり手ぶりで世界の国名・位置を暗記!


世界の国名

国々を細かいグループに分類し、語呂合わせの文やジェスチャーで覚えていく

 学生時代、暗記系科目はトコトン苦手で、記憶力には人一倍自信がない筆者が挑戦したのは、世界の国名と位置の暗記。「日本地図ですら怪しいのに……」と不安を隠しきれないまま、ひとまずテストしたところ、正解できたのは21か国だけ! 世界の国は196か国あるので、約9倍記録を伸ばさなくてはならない。そこで『東大家庭教師が教える頭が良くなる』シリーズの著者・吉永賢一氏に効果的な勉強法を教えてもらった。

「まずは達成条件を設定することが重要です。今回の場合は、『世界の白地図に国名すべてを埋められるようになる』。これをきちんと設定しないと目標が定まらず、思うような成果が得られません。次に必要なのは『階層化』――つまりカテゴリ分けです」

 例えば、アジアやアフリカといった大まかな区分を東南アジア、北アジア、南アジア、さらにフィリピン、マレーシア……などと細かく分類していくというわけだ。

「それができたら、各国の位置関係からたどる順番を決めます。たどり方には個人差があるので、好きな順番でOK。それぞれ番号を振ったら、切りのいいところで複数のグループに区切ります」

 隣り合った国々が横一列に3つ続いたら、左から1、2、3と番号を振り、海岸に突き当たったところで1段下りて折り返し、右から4、5、6……といった具合だ。

次のページ 
あとはイメージ!

1
2
東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法

良い思考をするための3ステップ(「見抜く」、「決める」、「やる」)を紹介!




おすすめ記事