R-30

【40代】サラリーマンが後悔していること

40代のサラリーマン100人に「今の自分の現状をみて、『40歳までにもっと頑張ればよかった』と後悔の気持ちはあるか?」とアンケートをとったところ、58%もの人が「もっと頑張れたと後悔している」と答えた。さらに、「40歳までに何を頑張ればよかったのか?」と重ねて問うたところ、以下のような結果になった。

■年収アップ
・転職 21%
・出世 20%
・起業 4%

■生活力向上
・貯金 9%
・運動 4%

そこからは、転職や出世願望など、現状をよしとはしていない40代サラリーマンの姿が浮かびあがってくる。しかし、「具体的に何をしていればどう好転したのか?」という問いについては、無回答が目立った。また、転職について「今の業界の景気が悪いから、もっと将来性のある業界で働けばよかった」(41歳・建設)、「プロパーよりも転職を重ねた人のほうが評価されている」(44歳・SE)など、漠然とした後悔の声も散見された。

これらのアンケートから推察するに、「40歳までに何かをしておかねければならないが、それが何かわからなかった」というのが本音なのではないだろうか。つまり、「何がわからないか、わからない」という状態だ。

『30代を後悔しない50のリスト』などの著作があるベストセラー作家・大塚寿氏は、「30代に最優先でやるべきことは実務能力を磨くこと」だと指摘する。「何でも気合で頑張るのではなく、強みを伸ばすことが重要。弱みは偏差値45くらいで放っておいて、強みを偏差値70にまで高めることが大事です」

またほかにも「一流に触れよ」「ネガティブ集団に入るな」と説く。……とここまでで書いておきながら申し訳ないが、続きは週刊SPA!12月26日発売号「40歳までに絶対やるべきこと厳選10」でご確認願いたい。前出のアンケートで「後悔はない」と答えた9%に入ってみたいではないか。

強み

強みがあればすべてを凌駕する!

文/犬飼孝司(本誌) イラスト/もりいくすお

週刊SPA!1/3・10合併号(12/26発売)

表紙の人/ももいろクローバーZ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事