雑学

「Brexit」の意味、あなたは知ってる? 新橋と大手町で認知度に2倍以上の差

「Brexit」という言葉の認知度、新橋と大手町で2倍以上の差

CC0 Public Domain

 常日頃からさまざまな言葉がバズっているが、果たしてサラリーマンの間でそれらの言葉の認知度はいかほどなのか? 新橋・大手町で30~50代のサラリーマン193人を対象に街頭アンケートを行ってみた。

 意外と認知度が高かったのが、今月15日に解散した「SEALDs(シールズ)」だ。

 ヒップホップ調の軽快なノリで、安全保障関連法や憲法改正への反対運動を行うなど、そのパフォーマンスのユニークさから一躍脚光を浴びた。サラリーマンの認知度も高く、66.3%が知っていると回答。その一方で、「クジラを保護する過激な環境保護団体でしょ」(32歳・不動産)や「国際テロ組織の支部だよね」(37歳・銀行)と、自信満々な顔で答える中年男もちらほら。それらは別の組織。

 かたや同じ学生団体でも、SEALsのに対抗するため7日、「安全保障体制強化」を掲げて結成された学生団体もある。それが、「国際勝共連合 大学生遊説隊UNITE(ユナイト)」だ。東大生4人を中心に形成され、今年5月に行われた渋谷のデモでは、230人もの学生が動員された。しかしこちらの知名度は低く、1割にも満たなかった。

次のページ 
新橋と大手町で明確に差がでたのは…

1
2
週刊SPA!8/30号(8/23発売)

表紙の人/ 土屋太鳳

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事