R-30

まったく貯蓄できない「隠れ貧困」が急増中。将来的に家計が破綻!?

 特に贅沢をしていないのに貯蓄ができていなかったり、財布の中がいつの間にか空になっているなど、昨今「隠れ貧困」と呼ばれる人々が増えているという。一見裕福そうにみえる家庭なのに、なぜ貧困に陥るのか? 急増中の「隠れ貧困」の確信に迫った。

中流家庭を蝕む[隠れ貧困]

貯蓄できない人は予備軍!40代の「隠れ貧困」が急増中


 厚生労働省が発表した平成26年の「国民生活基礎調査」によれば、全世帯の平均所得金額は541万円。世帯年収が500万~600万円もあれば平均的な生活はできるはず。だが、「平均所得以上の収入があり、一見、裕福に見える家庭にこそ、貧困が隠れている」と指摘するのは、経済ジャーナリストの荻原博子氏。

萩原博子

萩原博子氏

「特別に贅沢はしてないのに貯蓄ができていない人や、財布の中のお金がいつの間にか消えている人、十分な貯蓄がなくて漠然と将来に不安を感じている人――これらに当てはまる人は、昨今増えている『隠れ貧困』の可能性が高いといえます」

「隠れ貧困」とは、普通の生活ができているが、このままいくと将来的に、家計が破綻する可能性の高い貧困予備軍のこと。

次のページ 
いかに収入があっても、貯蓄ができていない

1
2
隠れ貧困 中流以上でも破綻する危ない家計

住宅ローンや保険の見直しから、着実なお金の増やし方、もしもへの備えまで、この一冊でもう安心。





おすすめ記事