恋愛・結婚

浮気したい人妻100人調査「恋」に何を求めている?

「恋がしたい」と堂々と言ってのける人妻がもはや珍しくなくなった昨今、彼女たちは「恋」に何を求めているのか? 浮気願望のある人妻100人に調査した。
(全国の28~42歳人妻に調査)

◆私だって、女なの……

結論から言うと、人妻は「自分は女としてまだいけるか」を浮気によって確認したいようだ。なんと100人中80人がそのように答えている。

「自分に魅力を感じてくれる人がいるってわかると、生活にも張りが出る」(37歳・パート)
「やはり女としてまだ楽しみたい。ダンナのことは好きだけど、恋人のようなドキドキ感はないので。たまにはドキドキしてみたい!」(38歳・専業主婦)

などなど。とかく、エロ本では「熟れた体を持て余して……」的なトーンで語られがちだが、実際には「自分の価値を確認したい」という願望のほうが強いようだ。

撮影/佃 大平



なお、「女としてまだいけるか確認したいと同時に、寂しいという気持ちもあると思う」(38歳・専業主婦)という声も散見された。妻に無関心な態度を取り続けると、浮気されるリスクが高まるのは間違いない。

◆光一人気の謎

2番目に多かった理由は「ヒマだから」というもの。こちらは60人がYesと回答。

「浮気心を抱く余裕があるのはヒマだという証」(32歳・専業主婦)
「実際、自分も今ヒマで、テレビの中の人に恋しています」(29歳・専業主婦)

浮気心を抱いているといっても、多くの女性は「TVの中の素敵な人」にときめく程度で満足しているようだ。出会い系サイトやSNSを使ってリアルな浮気をする武闘派は、結婚前から男性関係が派手だった傾向が強い。アンケートでは、嵐と韓流アイドルが人気2トップ。

夫が稼いだカネで、コンサートに通い、グッズを買う。“家庭円満のメンテナンス代”と思えば安いもの?

なお、「数年来、妻を抱いていない夫」たちに取材したところ、なぜか「妻がKinKi Kidsの堂本光一にコンサートや舞台を観に行くレベルでハマっている」という証言が複数得られた。コアなファンになると、カラオケボックスで本人不在の誕生パーティを開催したりするらしい。果たして、夫の誕生日は祝ってあげているのだろうか――?




おすすめ記事