恋愛・結婚

「不倫中の独身女子」はクリスマスこそ狙い目。ちょっと押せば簡単にオチる!?

 忘年会、クリスマス、同窓会、新年会とイベントも多く浮足立つ年末年始。人恋しい女子たちには自然と発情スイッチが入る季節でもある。そんな発情ガールズの生態を分析し、棚ボタSEXにありつくための方法論を徹底解説!

●不倫真っ最中女子
……狙い目 12/23、12/24、12/25

年末年始に放置されがちな、寂しい不倫女子は最も狙い目!


不倫真っ最中女子 12月23~25日の3連休で、もっとも狙い目なのが不倫中の独身女子。女性向けメディアで恋愛・SEXに関するコラムを連載中のBetsy氏は語る。

「クリスマスが平日の年なら、家族のパーティは23日の祝日にやりますよね。なので、不倫中の女子も24日の当日に仕事帰りの1時間とかでも相手男性に会ってもらえる可能性はあります。でも今年は3連休なので打つ手なし。もともと年末年始は家族優先で放置されがちなのに、この3連休は不倫女子にとっては大打撃です」

 しかし、そんな寂しさがMAXの女たちだからこそ、つけ入る隙もある。そこで、まずは事前に知り合いで不倫中の女を見分けることが重要。社内の噂に注意することも大事だが、チェックすべきはSNSだ。「アップされている画像に、あきらかにデートスポットなのに女ひとりで写っている写真が多い女は不倫中の可能性が高い。こういう女子は『最近どう?』と飲みに誘い、愚痴を聞きつつ『寂しい者同士慰め合おう』と24日、25日の約束を取り付けてしまいましょう」(心理学を利用したナンパ術を得意とするSai氏)。

 実際に不倫中がゆえに“クリスマスぼっち”を経験したことがある女性に聞くと「ひとりでいたくない寂しさや、つらい現実に耐えられなくてエッチしちゃったことがある」(28歳・事務)、「上辺だけの優しさでも、この時期にそばにいてくれるのがうれしい」(32歳・教育)といった意見が多数。ちょっと押せば簡単にヤレるチャンスが転がっているのだ。

次のページ 
SNSの「早めのプレゼントもらった~」も狙い目

1
2
ハッシュタグ




おすすめ記事