雑学

SNSで“ギョーカイ人”自慢するママ友、実は全部ウソだったことがバレて…

写真はイメージです

 ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなど、SNSはもはや生活の一部といっても過言ではない。だが、そんなSNS上で自分をよく見せようと“盛る”者は後を絶たない。盛り続ける人々の素顔に迫った。

 ママたちの主戦場であるSNSでは、日々マウンティングが繰り広げげられている。自称・元料理研究家のSさんは、4歳の娘を劇団に所属させる熱心なステージママだ。Sさんと同じ幼稚園に子供を通わせるママ友に聞いた。

「毎日レッスン報告を長々と書き込むんです。『何十年もたくさんのお子さんを見ている先生が、娘の素質に驚いていました』など自慢のオンパレード。でも、舞台に出たり、オーディションに受かったという話は一度も聞きません」

 また、ご主人の“ギョーカイ人”自慢がとにかく激しいという。

「話題のドラマには『主人が手がけた作品です』、人気の俳優には『主人が優しい方だったと言っていました』など、何かと関係者ぶった投稿が……。もちろん『いいね』は付いていません(笑)」

 そんな彼女の嘘が露呈したのは、奇しくも娘の晴れの舞台。幼稚園で行われたお遊戯会の日だ。

「当日まで鼻高々だったのですが、舞台慣れしていて演技力も抜群のはずの娘が壇上で泣き出し劇はストップ。Sさんは真っ赤な顔をして『いつも通りにやるの!』と叫んでいました」

 また、そのお遊戯会に参加したご主人に「どんなお仕事されているんですか」と声をかけたママがいた。すると、事情を知らないご主人は「テレビや映画のロケなんかに弁当入れるロケ弁屋ですよ。妻は同じ店で調理してたんだ」と、図らずも新事実が発覚。“料理研究家の過去”を身内から暴露されることとなったのである。

 そんなSさんは化けの皮が剥がれているとは知らず、今日も意気揚々と書き込みを続けている。

取材・文/週刊SPA!編集部





おすすめ記事