恋愛・結婚

成約率最強!? 【写経合コン】がうまくいくワケ

山口佐知子氏

山口佐知子氏

「手軽に楽しく相手を探したいというのならば、『習い事合コン』が絶対お勧め。普通の合コンと違い、1人でも申し込め、じっくり周囲と話すことができます!」

 こう話すのは、今まで40種類以上の習い事を経験し、数多くの男女の出会いを取材した、山口佐知子氏。習い事合コンとは原則、料理やゴルフなどの一日限定レッスンを申し込み、参加した男女が学びながら知り合うものだ。

「あからさまに『合コンに行く!』という感じではなく、『新しいことを習う』というワンクッションがあるから、習い事合コンは女性も参加しやすい。また素敵な出会いがそのときになかったとしても、最低限何らかの知識は身につけられるので、損はありません」

 習い事合コンの現場で重視されるのは、スキルよりもむしろコミュニケーション能力とのこと。

「例えばフットサル合コン、通称『サルコン』で、華麗にシュートを決めても、女性的には『ふーん』という感じ。パスを回してくれたり、声をかけてくれたりという人のほうが、ずっとモテますね」

 短いものでは2時間、長いものでは丸一日一緒にいるという習い事合コン。おのずと見た目や肩書よりも性格や気配りが重視される傾向にあるようだ。

 そんな習い事合コンの中で、カップル成立率がダントツに高いのが、意外にも男女が集まって写経する、「お写経合コン」とのこと。

「写経する場所が都内の神社仏閣なのですが、そういうところってパワースポットだから……男女ともに、いい感じになるんですかね。ただ、字が上手な必要はありませんが、ある程度の興味があると専門的な会話が楽しめるのでなおよしという感じです」

 趣味性が高いほど、敷居も高くはなるが、そのぶん意気投合した場合の成功率は高い。自分の興味と照らし合わせて、しっくりくる習い事を選んだほうが、失敗がないといえる。

分布図「どんな習い事合コンにも共通していえるのが、男性は清潔感のある服装と積極性さえあれば、乗り切れるということ。女性は話しかけられるのを待っています。ちょっと気まずくなっても、会を取り仕切るプロや講師がフォローしてくれるので、どんどん行くのが勝ちです。また逆に女のコが話しかけてくれたら、楽しそうに聞き役になるのも、好感度UPですね」

⇒山口氏が解説する「習い事合コンの鉄則」 http://nikkan-spa.jp/133866

【山口佐知子氏】
ライター兼エディター。数々の習い事や合コンを取材し、主に女性誌やWEBで発表。オールアバウト「恋愛」「おけいこ」ガイド

― 2012[出会える裏技]最新案内【4】 ―




おすすめ記事