恋愛・結婚

初心者向け【ハプニングバー】の楽しみ方

ハプニングバー

ブラスト氏が勧める川崎駅西口にあるお店では、店内のコミュニケーションがとても充実しているらしく、異性だけでなく、同性とも仲良くなれると評判が高いとのことだ

『ハプバー』といえば、堅気の人は入れない秘密の空間だと思われがちですが、最近では初心向けにレクチャーしてくれるお店もあるので、ずいぶん敷居が低くなってきています。僕のように普通のSEXでは飽き足らず、変わった性の趣味がある人には最高の場だと思います」と語るのは、ハプバーに詳しい人気ブログ『SE-I-性欲と愛欲-』の管理人・ブラスト氏。初心者向けのハプバーの楽しみ方を氏に聞いた。

「まずは、mixiなどに、遊び方のマナーを記したページや各店舗のコミュニティがありますので、そちらを確認。店によって流儀が違うので、行く予定のバーの情報収集はマストです」

 いざお店に出かけた際に重要なのが、コミュニケーション。まずはタイミングをうかがい、こちらから話しかけるのが鉄則だとか。

「どんなハプバーにも必ず常連さんがいるので、そちらの会話を遠くから聞きつつ会話に参加していく。もしくは、カップルさんに話しかけてみたり、異性に話しかけてみるのもいいでしょう」

 ここで注意したいのは、いきなりアダルトな内容は禁物。ディープな話は、ある程度会話が弾んで仲良くなってからにしておこう。

「あと、重要なのは女性に対する対応。特にカップルで来ている人に対しては、男性の許可なく気軽に触れたりしないことです。たまに、酔ってボディタッチの激しいおじさんを見かけますが、これはNG。周りにも嫌われるし、出入り禁止を食らう可能性もあります」

 手順を聞いたら、やはり実際に訪れてみたいもの。そこで、初心者が初めてでも訪れやすいお店を紹介してもらった。

「例えば、初心者には川崎駅西口のお店はお勧め。店員さんも感じがいいし、お客さんに会話をふってくれたりと、気を配ってくれる。小さいお店なのでコミュニケーションが中心なので、ハプニングは少ないですが満足度が高いです。新業態としては、東新宿にできたW。緊縛教室や多数のイベントが開催されているので、観るだけで楽しめると思います。SMに興味がある人には歌舞伎町の『アルカディア』がいいのでは」 

 行為に参加する勇気がない人は、そっと遠巻きに眺めるだけでも問題ないらしい。刺激的な快楽に溺れてみるのも一興だ。

― 2012[出会える裏技]最新案内【12】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事