エンタメ

プロレス界の風雲児オカダ・カズチカ、3度目の本人役に「次は自分以外を演じてみたい」 アニメ声優にチャレンジ



まさかの詐欺師役!? リングでは200%見ることができない姿も


 テレビのバラエティ番組はもちろん、雑誌やカードゲームのCМなど、オカダのメディア露出は留まるところを知らない。そんなオカダが新たに挑むのは、自身3度目となる声優業。バットマンやスーパーマンといった世界的なヒーローと、日本が誇る低予算フラッシュアニメ『鷹の爪』がコラボした映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』に詐欺師の役として声優出演を果たしている。

「新日本プロレスとコラボしたこともあるので、『鷹の爪』のことはなんとなく知っていましたが、そこまで詳しくなかったので、『やっとオカダに出演をオファーできるレベルになったか』というのが正直な感想です(笑)」

 余裕たっぷりでうそぶくオカダだが、演じる役が自身をモチーフにした役と知り安心したそうだ。

「だって演技をする必要ないじゃないですか。でも、素のままでやってNGだったらどうしようとも思いました。自分を否定されることになっちゃいますからね(笑)」

 声優に初挑戦した際は自身の演技を30点と採点していたが、はたして今回の演技は?

「65点ですね。前回もその前もオカダ・カズチカ役でしたが、多少は『オカダ・カズチカ』を上手く演じられるようになったと思います。今後、本人以外の役を上手く演じることができたら、自分で自分に100点をつけたいと思います」

 今後の声優業活動に意欲を見せるオカダが狙うのは、自身のイメージとは大きく異なる「明るいヒーロー」だと教えてくれた。

「それこそスーパーマンみたいなね。オカダは、クールでリング上でも明るい姿をあまり見せないので、声優として誰かを演じるなら、普段の僕からは想像できないような、明るくて正義感に溢れたヒーローを演じてみたいです。アニメ関係者のみなさん、オファーお待ちしてます(笑)」

取材・文/斎藤ゆうすけ 織田曜一郎(週刊SPA!) 撮影/市原浩二

1
2

『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』
2017年10月21日 全国ロードショー
http://dc-taka.com/

クソアニメと呼ばれて10年~『秘密結社 鷹の爪』10年史

『秘密結社 鷹の爪』の10年の歴史を総ざらい!!





おすすめ記事