「密かに情報を盗まれ続ける」 サイバー攻撃の恐怖

ハッキング 昨年は多くのハッキング事件が世界を席巻したが、「今年はさらにエスカレートする」と語るのはハッキング事情に詳しいITジャーナリストのウラジミール氏。彼が今年起きそうな事件を大胆に予測した!

◆政府へのサイバー攻撃ステルス化加速

 サイバー攻撃といえばWebサイトの改竄や電力・金融システム等を麻痺させる破壊活動を想像させるが、最も警戒すべきは「密かに情報を盗まれ続ける」こと。昨年後半に話題を呼んだ防衛産業サーバーや国会議員のPCに対する攻撃はみなこの類のサイバースパイ活動だった。こうした電子スパイ活動の需要が高くなる一方、さらなるステルス化を図ることでより発覚しにくくなるだろう。ステルス化は技術的な部分のほかに、組織内部犯行グループとの連携に大きく依存するはずだ。

イラスト/子原こう
― 2012[(危)サイバー事件]大予測【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事