雑学

平成生まれ「バキュームカーを見たことがない」

「人々は活気に溢れていた」「温かい時代だった」『ALWAYS 三丁目の夕日』第3弾も公開され、ますますブーム沸騰中の「昭和」にもの申す! というわけで、平成世代は、昭和という時代や、昭和ノスタルジーをどう感じているのか? 昭和風をウリにする居酒屋で、平成世代4人の声を聞いた。

◆平成生まれの昭和体験座談会

平成っ子

(左から)ミラちゃん、賢人くん、里子ちゃん、秀平くん

・アメリカ生まれのアメリカ育ち、という帰国子女のミラちゃん
(平成3年生まれ、大学3年生)

・就活中で、大手企業への就職を狙う賢人くん
(平成2年生まれ、大学3年生)

・海外への留学経験はあるが、大学進学はしない道を選んだ里子ちゃん
(平成2年生まれ、フリーター)

・大手企業より、中小企業のほうに就職したいという秀平くん
(平成元年生まれ、大学3年生)

里子】 (運ばれてきたハムやソーセージが赤いのを見て)え、なんでコレ赤いの? 安いのは嬉しいけど、お金かかってない感じ。

賢人】 無駄な着色だよね(笑)。人工的っていうか。

ミラ】 ちょっと、このコンビーフの缶詰とか開け方わかんないんだけど。え、何? この鍵みたいので開けるの? ちょー面白ーい。

秀平】 コンビーフはビーフっていうぐらいだから、牛肉なんですかね? どれどれ……あんま、おいしくないっすね(苦笑)。

――こういうお店自体はどう?

ミラ】 うーん……戦争とかあったじゃないですか、昭和って。前期が戦争で、後期がバブルみたいな。それが昭和のイメージで。

里子】  それ、あいだ端折りすぎでしょ。せめて3分割で(笑)。

ミラ】 例えば、すいとんとかも、戦時中とか戦後の主食なんでしょ。その時代はツラいことのほうが多かったはずなのに、いいイメージだけを売りにして商売する感覚はどうなのかなって。

秀平】 おじさんたちが楽しいのも、思い出だからであって、当時はこれがよかったワケじゃないよね。

――みんなが持ってる昭和のイメージは、どんな感じ?

ミラ】 女子中学生のタバコの吸う率とかが高そう。

賢人】 レディースみたいのとかね。激しい族とか多そう。

里子】 あと、昭和の人のイメージは手足が短くて、身長が低い。ファッションも、みんな同じ? 聖子ちゃんが人気出たら、みんな聖子ちゃんカットとか、ボディコンがはやれば、みんなボディコンみたいな。

ミラ】 あと、昭和だとケータイもないんですよね。

里子】 やだやだ! 今なら例えば、男のコの車に乗ったら山で捨てられて、泣きながら友達にケータイで電話したら助けに来てくれたみたいな話もあるじゃん。でも、ケータイなかったら、そのまま山で諦めたら死んじゃうじゃん!

賢人】 例えが極端だね(苦笑)。

秀平】 僕はケータイ嫌いなので、ないほうがいいですけどね。

賢人】 自分は車が好きなんで、例えば『三丁目の夕日』あたりの時代にあった古い車に乗りたいな、とか思いますね。環境とかには配慮してないんでしょうけど。

秀平】 公害はヤバいですよね。製鉄所とか、工場地帯の空の色とか。

里子】 よく、あの頃は豊かだった、みたいな煽りがあるけど、豊かさで言ったら今のほうがあるでしょ、って思うし。住みたいか、住みたくないかで言ったら、全然住みたいとか思わない!

と、なんとも要領を得ない話を展開する平成世代。昭和ノスタル爺が懐かしむ昭和風居酒屋も、彼らには全く響かないのだ……。

※座談会では、全員が「タコさんウインナーを見たのは初めて」「バキュームカーを見たことがない。汲み取り式の便所とかあり得ない」など、昭和世代にとっては衝撃の発言が続出……

― [昭和ノスタルジー]が日本を滅ぼす【5】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事