全裸の女を出迎える露出狂たちの混浴オフ

インターネットという手段を駆使すればいくらでも人と出会える時代。誰しも自分が気になったオフ会を見つけたことがあるはず。しかし、いざ参加するには勇気が要る。今回、SPA!取材班が、体を張って”珍しいオフ会”をチョイスして参戦した。ここで繰り広げる世界が平気ならば、諸兄もオフ会ライフを楽しめるはず!!

【エロで危険な盛り上がり編】

全裸の女を出迎える露出狂たちの混浴オフ

 露出狂が集まるホームページ『R』にて、「混浴オフを開催します!」という女子からの書き込みを発見。当日、記者(♂)はルンルンで会場となる埼玉県の旅館に向かった。たどり着いた宿は廃墟のようにボロボロ。本当にココか?

 受付で入浴料2000円を支払い、無愛想な店主の案内で大浴場に入ると驚愕。小さめの浴槽には先客の紳士たちが15名近くも浸かっているではないか! 皆、汗だくで必死の形相。しかも記者を見るなり「チッ、また野郎か」と舌打ち。全員が女神の到着を今か今かと待っているようだ。

 そして開始時刻から遅れること30分、全裸の女を連れたカップル2組が入ってきた! 女2人は決して美人ではないが、30代と思える熟した体が実に悩ましい。女が男の背中を流し始め、動く度に揺れる推定Eカップの巨乳に観客も記者もニヤケ顔。ここで主催者と思わしき男が言った。

「そこのお兄さん、彼女に背中流して貰うかい?」

 指名されたのは、記者の横にいた童貞っぽい男。きぃ~、悔しい! 他にも男3人が背中を流してもらい、混浴オフ会はたった30分程度で終了した。常連の紳士が呟いた。

「今日のオフは乱交なしか……」

 た、タダでできるの? 記者は今後も混浴オフ参加を決意した。

― [世にも珍しいオフ会]潜入ルポ【7】 ―




おすすめ記事