仕事

「ATMの行列地獄」から脱却する方法

《今すぐ取り組むべきこと》 ●hack1 銀行は利率ではなく、手数料で選ぶべし
スマホ用アプリ

最近では、各行ネットバンキングのスマホ用アプリも充実。いつでもどこでも手続きができ、使い始めるとあまりの快適さにもう手放せなくなる

 日々当たり前のように払っていたコンビニATMの手数料。では、手数料を無料にするためにはどうすればよいのだろうか。 「新生銀行やソニー銀行など、メガバンク以外では出金手数料や振込手数料無料の銀行も多い。金利もつかないこの時代、手数料の安さで銀行選びをするのがオススメです」と語る前出の山崎氏。  また、時間の大幅節約のため、必須で導入すべきはネットバンク。PCやスマホ上で簡単に決済できるため、「振り込みも残高確認もワンクリックで済む。休憩時、銀行で列をつくるのがバカバカしくなるはずです」(山崎氏)。 ・新生銀行……セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニATMで24時間365日出金手数料が無料。また、月最大10回まで振込手数料も無料。さらに1回の取引ごとにTポイントが付与される「Tポイントプログラム」などもあり ・楽天銀行……セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニで月最大7回までATM出金手数料が無料に。振込手数料も最大3回まで無料。そのほか、楽天証券と口座を連動させると、普通預金が年0.1%の優遇金利で利用可能になる ・ソニー銀行……ATMの出金手数料は、セブン-イレブン、ミニストップで24時間365日何回でも無料。ローソン、ファミリーマートでも月4回まで無料。他行への振込手数料は最大1回まで無料。そのほか、他行からの毎月定額入金手数料が無料になるサービスもあり ・住信SBIネット銀行……セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニATMでの出金手数料が最大15回まで無料に。振込手数料は月最大15回まで無料。SBI証券の証券口座と連動させる「SBIハイブリッド預金」で普通預金金利が10倍になる ・みずほ銀行……メガバンクを利用するならばオススメなのが、みずほ銀行。「みずほマイレージクラブ」に加入し、預金残高500万円以上か、1円以上の投資信託など資産運用商品、住宅ローン・カードローンの借り入れがある場合、コンビニATMの出金が月4回まで無料に ●hack2 カードはアプリ化すれば財布のスリム化に直結  薬局や家電量販店、飲食店など、多数の店舗で進むのがポイントカードのアプリ化だ。 「TポイントやローソンのPontaカードなどをはじめ、昨今、多くの企業でポイントカードがスマホアプリ化しています。財布がポイントカードでパンパンな人は使わない手はありません」と山崎氏。手順はアプリをスマホにダウンロードするだけ。その機能は、アプリ内でポイントを貯めたり使ったりできるものから、最新クーポンがもらえるものまで多種多様。  カードを探す手間も省け、分厚い財布ともサクッとお別れできる。 ・Tポイント……TSUTAYAやファミリーマート、ガストなど幅広い店舗で使えるTポイント。会員番号をバーコードで表示できるため、TSUTAYAの会員証としてそのまま使うことができる ・JAFデジタル会員証……JAF会員証として使用可能。トラブル発生時に駆けつけてくれるロードサービス利用の際、GPSで位置情報も伝えることができるというアプリならではの機能も搭載している ・ヨドバシゴールドポイントカード……会計時はもちろん、ポイント残高が随時確認できる。クーポン情報も更新。ヨドバシ以外にもビックカメラ、ヤマダ電機、ノジマなどの家電量販店もアプリをリリースしている 【山崎俊輔氏】 消費生活アドバイザー。ファイナンシャルプランナー、1級DCプランナー、投資教育家。著著に『お金が「貯まる人」と「なくなる人」の習慣』などがある ― 人生に効く[スマートライフ](超)入門 ―
1
2





おすすめ記事