雑学

20代女子に聞いた職場でイラッとすること「業務連絡はLINEじゃなくて電話して!」

その行動、実は非モテかも!? 年々進むコンプラ化とIT化の波により、中年男性社員と若手女子の職場でのトラブルは急増。そこで、数年で大きく変わった若者の常識を流行の最先端を行く20代女性121人に調査。連絡手段から飲み会まで、女子社員のホンネを大暴露!

電話で!

売上高をSNSで連絡はNG


 ITツールを使った効率化により、多様化する職場でのコミュニケーション手段。今やLINEで業務連絡をするのも珍しいことではなくなった。だが、あれこれツールを使って連絡していると、受け手からひんしゅくを買うことも。

「Slack、LINE、Skypeなど、いろいろなツールから連絡されると『コイツ仕事できないな』と思ってしまう」(29歳・IT)という声が。彼女の会社では推進しているビジネス用チャットツールがあるというが、普段使い慣れた方法で機密情報を送ってくる上司がいるそうだ。

「業界的にも比較的ゆるいほうかもしれないけど、フェイスブックメッセンジャーで売上高が送られてきたときは引きました」(28歳・コンサル)

 では、一体何が正解となってくるのか。元証券会社営業マンのプロ合コンコーチであるアモーレ石上氏は「一本化したほうがよいですね。職場女性とSNSで個人的に連絡を取り合うのはNG」とセクハラリスクにも警鐘を鳴らす。

 また、近年は「上司のムカつく業務連絡のLINEを同期でスクショして送り合ってる」(27歳・営業)という声もあるから恐ろしい。

チャットツールに連絡

「『いまメールしました』とチャットツールに連絡を入れるのは無駄」(29歳・IT)

 むしろ電話やメールなど古いツールを使ったほうが身の危険を守るためにもよいだろう。

【アモーレ石上氏】
プロ合コンコーチ。20年間2000回の合コンで交際した女性の数は100人以上! 近著に『下剋上恋愛のプロコーチが教えるモテる戦略:女を「その気にさせる」話し方、行動術』(王様文庫)

― 非モテ男の[勘違い行動]ランキング ―




おすすめ記事