エンタメ

銀座のママと高収入男子がバチェラー女子を選ぶなら?

 現在Amazonプライム・ビデオで配信中の『バチェラー・ジャパン』シーズン2。日刊SPA!もバチェラー祭りに乗っかり、毎週バチェラー関連記事を配信している。

 物語も終盤を迎え、女性メンバーも残るはわずかに。「この子が最後の一人に選ばれて欲しい」「推しメンが落ちて悲しい……」という声が散見されるようになってきた。バチェラー・小柳津氏は最終的にどの女性を選ぶのかが気になるところだ。

 そこで、人一倍女性を見る目がありそうな“銀座のクラブのママ”と、小柳津氏と近しい価値観を持つと思われる“慶應卒の高収入男子”に、自分だったらどのメンバーを選ぶかを考えてもらった。

 まずは、銀座のクラブ界隈で最年少ママを務める「Monterey」の桐島とうかさん。

銀座最年少ママ・桐島とうかさん

 ホステスの面接でたくさんの女性を見抜いてきた彼女には、もしお店に採用するとしたら……という基準で選んでもらった。“美貌は前提”とのことだが、他にはどんなポイントが?

本命:倉田茉美 27歳・イラストレーター

とうか:幸薄顔の女性は銀座でモテます(笑)。「恋人も出来ず、仕事もうまく行かない」と言っていますが、自分のことを悲劇のヒロインのように思っていて、ある意味、感情表現が豊かともいえるでしょう。きっとお客様に対しての演技や猫かぶりもうまいはず。悲劇のヒロイン営業にやられて銀座でついつい飲んでしまう男性は意外と多いんですよ。

7話では女子部屋で若尾綾香(若さま)がデートに誘われ「パックしなきゃ」と自慢した際、「テカりすぎないようにね」と京都風(?)の挑発。女性同士の闘いもうまそうだ!


対抗:渡邉優 22歳・シンガーソングライター

とうか:彼女は自分のアピールポイントがしっかりありますね。「あなたのために歌いたい」と言いつつも、本当は自分が歌いたいし、聞いてほしいんでしょう。でも、そのくらい図々しいほうが夜の世界では伸びしろがあります。自分の魅力を出すのがうまそうだから、ぜひお店に欲しいですね~。

他のメンバーを置き去りにして小柳津氏に歌を聴かせている(笑)。

穴:岩永幸子 31歳・ヘルシーホームパーティークリエイター

とうか:ダメ男を作る女性は母性本能が強くて、人のことをほっとけず、面倒見がいいです。お客様や周りのスタッフに対してもまっすぐ向き合えそうなところが素敵です。相手に嫌われたくない、好かれたい意思が強い八方美人さが銀座では◎!

3話で得意の料理を披露した。小柳津氏の好きなバスケットボール型の米粉ケーキ……気の利いた営業メールをくれそうだ

大穴:若尾綾香 28歳・モデル

とうか:置物としてお店にいて欲しいタイプ(笑)。キレイだし話もできそうです。でも……もう少し華があるといいですね。

女性陣へのマウントとりまくり、暴れまくりの“若さま”に「置物としていて欲しい」とは、さすが銀座である!

 もう一人は、小柳津氏と同じく慶應義塾大学出身の帰国子女、現在は外資系コンサルタントとして活躍する藤白留維(ふじしろるい)さん(26歳)。

ミスター慶應出場経験を持つ華々しい男性……次回のバチェラー候補!?

 BB弾の狙撃が趣味というので、公園で遊んでいるのかと親しみを持ちかけたが、六本木のシューティングバーに通っているらしい。やはり高収入の港区男子だった。

 2年ほど彼女がいない藤白さんには、次に付き合うとしたら?という基準で選んでもらった。

藤白:バチェラーに参加している女性には年上の方も多いですが、全然アリですね。好みのタイプは軸がある人。いろいろな環境に触れて学んで、確固たるその人らしさがある人だったら、自分もずっとリスペクトできるし、一緒にいて楽しいと思います。

本命:小口奈々子 27歳・税理士アシスタント

藤白:好印象第1位ですね。最初はまじめでおもしろくなさそうかな?と思ったけど、「デートの時はスマホを見ずにその空間を大切にする」というモットーがいいなぁと。瞬間の積み重ねが小口さんの人となりを作ってきたんだなと感じました。その場だけ楽しめればいいスタンスで表面的な付き合いをしたがる港区女子ってめちゃくちゃ多いんですが、小口さんは腹を割って話せそうなので、ずっと一緒にいられると思います。

8話で小柳津氏を思い出の場所と実家に連れて行き絆を深めた。長い付き合いが予感できそう?

対抗:倉田茉美 27歳・イラストレーター


藤白:女性には好かれなさそうですが(笑)。シンデレラガールとか言っちゃってるのはちょっとキツいけど、自分の感性を大切にしているところは素敵です。発言もあっさりしていて意外と現実主義っぽいから、お金のこと、仕事のことをシンプルに考えられそう。僕はいろいろと考えすぎて堂々巡りになってしまうことが多いので、助言をしてほしいですね。

現実主義な一面もありながら、サプライズ花火に純粋に喜ぶ心の美しさも……

穴:野田あず沙 28歳・チアガール

藤白:ずっとポジティブに生きようとしている姿に惹かれます。他のメンバーからは、自分の言葉を自分に言い聞かせている感じがしたけど、彼女の言葉はリアルな気がします。彼女の頑張りをみて「俺も頑張るぞ」と奮起できそうです。

「もしビジネスで失敗しても貯金はあるから好きなことをやってて欲しい」と言い放ったことがキッカケか、7話で脱落してしまったが、今後も応援していきたいメンバーの一人だ

大穴:加藤優花 25歳・海外エンタメライター

藤白:我が強そうだからそんなに上位ではないですが(笑)、アメリカで経験してきたことが魅力的ですね。単身でどこかに行って自分のネガティブなところを直していったり、人のいいところを見つけるのが得意という点が奥さんとしては理想的。

残念ながら初回で脱落してしまった加藤さん。小柳津氏も我が強そうな性格を見抜いた!?

 最終話が近づくバチェラー・ジャパン。二人が「本命」に選んだ倉田・小口は大奮闘中!唯一のバラはどの女性に!?週末にまとめて観れば、まだまだ追いつける!『バチェラー・ジャパン』特集ページはこちらから。プライム・ビデオが初めての方にお得な、30日間の無料体験も実施中だ。

<提供/アマゾン・ジャパン合同会社>





おすすめ記事