雑学

クールビズに最適な「ポロシャツ」とは?

最速でおしゃれになる方法

Style 1
バッグ/MB×SPA!
ポロシャツ/ユニクロ
パンツ/GU
シューズ/スーツセレクト

一目置かれるクールビズにはワケがある


 今回は多くの人が迷いがちな夏のクールビズについて解説しましょう。クールビズの大前提は「崩さないこと」です。

「色を使いすぎない」「サイズはジャストサイズに合わせる」「袖は親指の先から9cmの位置に調整する」「パンツのクッションはつけすぎない」など、スーツの世界は明確な正解が定められています。クールビズは、そんな正解を「あえて」崩す存在です。

 暑苦しい夏に快適に仕事ができるのは確かにメリットですが、ファッション的には愚策極まりないクールビズ。わざわざネクタイを外したり、ジャケットを脱がせたり、ポロシャツを使ったり、スニーカーを履かせたりと、どうしても画竜点睛を欠く着こなしになりがち。だからこそクールビズをかっこよく見せるには、「正解」であるスーツ本来の着こなしになるべく近づけることが肝要です。

最適なポロシャツを選ぶポイント


 例えば、ポロシャツは「台襟」があるものを選びましょう。Style1~3まで今回、使っているものはすべて台襟があるタイプです。台襟とは襟を支える土台部分のこと。通常、ビジネスシャツには100%付いているパーツですが、カジュアル用のポロシャツには付いていません。台襟がないと襟が寝てしまい、Tシャツのような印象になってしまいます。

 そんななか、ユニクロでは「シャツカラーポロ」と名前がついた台襟付きポロシャツが売られているのですが、これがクールビズに最適。台襟が付いているからこそ印象はドレスシャツに近くなり、スーツ本来の見え方に近づき洗練された印象を与えるというワケです。

最速でおしゃれになる方法

Style 2
バッグ/MB×SPA!
メガネ/ユニクロ
ポロシャツ/ユニクロ
パンツ/ユニクロ
シューズ/スーツセレクト

 クールビズを普段着のカジュアルのように捉えてしまい、派手なチェック柄やチノパンなどを使うビジネスマンも多いですが、これもなるべく控えましょう。スーツと同じダークトーンと無地が基本です。

最速でおしゃれになる方法

Style 3
ジャケット/GU
ポロシャツ/ユニクロ
パンツ/GU
シューズ/スーツセレクト

 バリエーションをつける場合でも、例えばStyle2のように薄いストライプのスラックスを使ったり、Style3のように襟とボディが切り替えになっている「クレリックタイプ」などを選んだりするのがオススメです。ボタンがカラフルになっていたり、襟が二重になっていたり、裏側がチェックになっていたりするカジュアル的な派手な装飾はNG。スーツはシックにまとめるからこそ洗練された印象が生まれます。夏であろうと、遊びは厳禁です。ぜひご参考に。

撮影/難波雄史 衣装/すべて私物
― MBの最速でおしゃれに見せる方法 ―

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中!

MB×SPA!ブリーフケース(2万5920円)
機能性と美しさを高い次元で両立させたMB×SPA!コラボレーションのビジネスバッグが数量限定で現在、発売中。ブリーフケースとして抜群の存在感を放つ一方で、持ち手のハンドルを畳むとクラッチバッグとしても利用でき、夏の着こなしでもフレキシブルに活躍しそうだ
MB×SPA!ブリーフケース(2万5920円)
●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
●なんと私MBがドン・キホーテともコラボ、2000円で買える極上服を作りました
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!




おすすめ記事