スポーツ

サッカー日本代表監督は日本人と外国人どちらが適任?

 今回のアンケートでは「外国人」の監督を推す人は13.5%と少数だった。 「国際経験のある日本人監督がいない」(43歳・男性) 「日本はまだ弱いから外国人にすべき」(21歳・男性) 「日本のサッカーは進歩しているが、外国から学ぶことはまだまだたくさんある」(40歳・男性)  ハイレベルな海外リーグでチームを勝ち上がらせた経験……。選手が海外に出てプレイする一方で、指導者として海外で成功した日本人はいないという現実がある。 サッカー そして、「どちらでも良い」と答えた人が27%。 「人種じゃないから。イングランドも外国人監督を招聘に踏み切るなど、優秀な人材の登用こそ一番大事。海外組が増えれば、言語の壁も小さな問題になる」(36歳・男性)  そもそも、日本代表選手のほとんどが海外組。もはや言葉の壁うんぬんを乗り越えてきているはずだ。そして最も多かったのが「国籍や人種は関係ない」という意見。 「国籍ではなく、何がしたいか、何が条件かで選べ」(40歳・男性)  元日本代表のラモス瑠偉もTBSのW杯関連の討論番組に出演した際、「日本人のサッカー、選手のことをよく知って、良さを引き出す監督が必要。日本人であろうが外国人であろうが」と話し、共感を集めていた。  ともあれ、9月から始まる国際親善試合のキリンチャレンジカップ。それまでに新監督が決定しているはずだが、4年後はもちろん、その先も見据えた人選を期待したい。<文/日刊SPA!取材班>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事