スポーツ

「甲子園は目標ではなかった」中村紀洋が語る甲子園と高校野球

中村紀洋

現在は兵庫県西宮市で少年たちに野球を指導する「N’s Method」を主催する中村紀洋氏

 プロ野球界から身を引いた後、浜松開誠館高校で臨時コーチを務めるなどして話題を集めた中村紀洋氏。今大会では岐阜代表として出場した大垣日本大学高校でも臨時コーチを務めるなど、“指導者・中村紀洋”の活動にも、にわかに注目が集まっている。

 そんな中村氏にとって甲子園とはどんな存在なのだろうか。高校球児なら誰もが憧れる甲子園だが、「将来はプロ野球選手になる」という夢を追いかけてきた中村氏にとっては、甲子園出場は“目標”ではなかったという。

「当時、大阪には上宮、PL、北陽、近大付……強い高校がたくさんありました。甲子園に行きたければ名門に行く選択をしたと思いますが、正直、強豪校で活躍する自信がなかったんですよ。3年間アルプススタンドで応援するくらいなら、公立高校で試合に出て、活躍したほうが目立つんじゃないかな?と思って大阪府立渋谷(しぶたに)高校への進学を決めたんです」

 中学時代にクリーンアップを打っていた同級生が強豪校に進学するのを横目に、中村氏は大阪の府立高校である渋谷高校の野球部に入部した。中村氏は入学直後の初めての打撃練習のことを鮮明に覚えていると語る。

「最初のバッティング練習で、カーブマシンを打たせてもらう機会があったんです。打ってみたらえらいボールが飛ぶんです。あれ? 硬球ってこんなに飛んだっけ? とビックリするくらい。柵越え連発でした」

 その光景を目の当たりにした監督と3年生たちは、こんな会話をしたという。

「おい、あの1年坊主、どうする!?」

 高校入学からわずか3か月。気がつけば「4番サード・背番号5」に抜擢された中村氏は、3度巡ってくる夏の大阪府予選で大活躍を見せることとなる。

「高校1年で準決勝、高校2年は優勝、最後の夏も準決勝。3年連続でベスト4以上でした。当時のチームは1試合、1試合、力をつけていくようなチームで、くじ運もよかった。そして地元のテレビに3年連続で映ったのは、ある意味、思惑通りでした。スカウトの人の目に留まるかな?って(笑)」

 地方大会での活躍が、あるスカウトの目に留まった。

「高2の夏に甲子園が決まったとき、『来年のドラフトが楽しみだ』という小さな記事が出たんです。とても小さな記事でしたが、あの記事を見たときに、もしかしたら(公立高校からでも)プロに行けるかな?と初めて本気で思いました」

 新聞の片隅に載ったわずか数行のベタ記事は、河西俊雄氏(※’07年に死去)のコメントだった。スカウトとして阪神時代に藤田平、江夏豊、掛布雅之を、近鉄時代には大石大二郎、阿波野秀幸、野茂英雄らをスカウトした球界きっての名スカウトだ。しかし、ドラフトを前に近鉄からは指名の挨拶はなかった。

「コメントしてくださったのは河西さんでしたが、実際に挨拶に来たのはドラゴンズでした。だからドラゴンズから指名があるのかなぁと思ってたんですよ。でも、ドラゴンズからはなくて結局、近鉄からでした。河西さんは僕のバッティングを評価してくださった。だから、近鉄4位でプロに入ったらすぐに『ピッチャーはもういいから』と言われました」

次のページ 
中村紀洋と甲子園 その思い出

1
2




おすすめ記事