スポーツ

氷の総合格闘技!? 欧米で“クレージー”と人気急上昇「アイスクロス・ダウンヒル」が日本初上陸

日本結集!パイオニア・山本純子、インライン王者の安床ブラザーズ、元テラハの佐藤つば冴

左からディレクターのクリスチャン・パピヨン、安床エイト、山本純子、佐藤つば冴、安床武士、武井壮

 やはり気になるのは、日本人選手の立ち位置だろう。欧米で人気を博してきたので、強豪選手も当然ながらあちらに多い。そうした欧米のトップ選手に揉まれながら、たった一人のアジア人かつ日本人選手として、’10年シーズンから今まで参戦を続けているのが、山本純子だ。  7歳からアイスホッケーを始めたという山本は、現在世界ランキング10位。’16−17シーズンは、カナダ・オタワ大会で4位入賞と惜しくも表彰台を逃した。悲願の表彰台を目指し、あらゆる創意工夫と鍛錬を重ねている。そんな彼女にも、ついに心強い仲間ができた。  昨季の最終戦となったカナダ・エドモントン大会に出場した安床エイト・武士(たけし)の「安床ブラザーズ」だ。X-GAMESはじめ、インラインスケートのハーフパイプ競技でそれぞれ100を超えるメダルを獲得してきた絶対王者コンビ。  この日本・横浜大会へ向け、安床兄弟は山本とともに練習会を率先して実施。今、多くの生きのいいアスリートが集まり、「チーム・ジャパン」を形成している。  人気リアリティ番組『テラスハウス』で、史上ナンバー1素朴ガールで知られた佐藤つば冴も、大会初参加へ。現役アイスホッケー選手でもある佐藤は、インラインの練習会で「太ももにすごい大きなアザができました。めちゃくちゃ楽しいです」と逞しく語った。

現役世界王者スコットも指導!目指すは冬季オリンピック競技

 安床兄弟のホームである神戸で行われた練習会には、現世界王者のスコット・クロクソールもカナダから駆けつけた。スコットも、兄カイルとともに同競技に参戦する「最強ブラザーズ」。アイスホッケー選手で、アイススケートの技術、アイスクロス・ダウンヒルにかんするあらゆる知識を惜しみなく教えにやってきたという。
 こうしたスコットの神対応ぶりのみならず、クラッシュドアイスのトップ選手は、「みんなでレベルを押し上げ、よりエキサイティングなスポーツにしよう」という意識が高い。  最近の高まりを受けて、冬季オリンピックの正式種目への採用も目指しているという。同じダウンヒル競技で、スケートではなくスキーやスノーボードで滑り下りる、スキー・クロスやスノーボード・クロスは、すでにオリンピック競技になっている。  この初のアジア開催に、欧米の選手たちも「日本のファンに会えるのが楽しみだ!」と興奮しているそう。最高にエキサイティングな新スポーツは、やはり生で観戦するのがオススメだ。氷のしぶきが飛んでくる距離で目撃し、イベント盛りだくさんの会場でフェスのように一日を満喫したい。これまでにない盛り上がりを見せている競技の日本初開催。日本人選手の初表彰台をはじめ、初ものづくしになる期待も高まる。 取材・文・撮影/松山ようこ
1
2
【大会開催要項】
「Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018」

日時:DAY1 予選日 2018 年 12 月 7 日(金)OPEN 15:00 START 17:15
   DAY2 決勝日 2018 年 12 月 8 日(土)OPEN 15:00 START 18:00
会場:臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市⻄区みなとみらい 1 丁目 1-1)
   ※雨天決行・荒天中止

【チケット・お問い合わせ】
チケットは各種プレイガイドで発売中
https://www.redbull.com/crashedicejp

料金[ICE CLUB (VIP)] 2日通し 60,000 円
[一般] DAY1 8,000円
[一般] DAY2 8,000円
[一般] 2日通し券 14,000円
※料金は税込です
※未就学児 入場無料
※一般は立ち見席となります
※2日通しチケットに関しては2日間とも同一のお客様でのご観戦となります。
チケット問合せ先:キョードー東京 TEL: 0570-550-799(平日 11:00~18:00/土日 10:00~18:00)





おすすめ記事