恋愛・結婚

完璧なクリスマスドライブ計画が、悪夢に変わった瞬間。「JAFが来ねぇぇ!」

 ひとたび結婚すれば、クリスマスに出かけるなんてめんどくさいものだが、中には妻とのクリスマスデートを計画する奇特な夫もいるらしい。

 結婚3年目。クリスマスは、サプライズをして妻を喜ばせようと考えていた小林勇大さん(仮名・39歳)。だが「サプライズどころか、最悪な出来事が僕ら夫婦を襲ったんです…」と語る。

最高のクリスマスプランを立てたのに…肝心のことを忘れていた!


悲惨なクリスマス

写真はイメージです(以下同じ)

 小林さんは、意中だった香織さんと3年前のクリスマスに結婚。モテモテだった彼女をゲットするのに、7年もかかった。

「香織とは社会人吹奏楽部のサークルで知り合ったんですが、最初はお互いに彼氏、彼女がいたため、意識することはありませんでした。でもクリスマスコンサートの練習を通じて、音楽の感性が合う彼女に、惹かれていったんです」

 だがお互いに恋人がいるため、次の一歩を踏み出せない。しかも香織さんは可愛らしいルックスでサークルのマドンナ。小林さんはプラトニックを貫こうとした。
しかし、しばらくして当時の彼女と破局してフリーになった小林さんは、香織さんに猛アプローチ。彼のアタックに、香織さんも徐々に心が揺らぎ始め、元カレと別れて、晴れてクリスマスに結婚となったのだ。だからクリスマスは2人にとって、結婚記念日でもある。

 ところがそんなスペシャルな日に、思いがけないハプニングが起こったのだ。
「今回は、初めて出会った表参道にあるコンサートホールで待ち合わせして、雰囲気の良い三ツ星レストランで食事をして、お気に入りの道をナイトドライブして、家路に着くというプランだったんです」

 だが小林さんは肝心なことを忘れていた。それはガソリンを満タンにすることだった。

お台場に向かう途中にレインボーブリッジが見えた。香織さんが「綺麗ね」と助手席で歓声を上げた時だった。車がガス欠を起こしてしまったのだ。

プツッという音がしたかと思ったら、車が動かなくなってしまったんです

 ガソリンメーターを見てればわかりそうなもんだが、「まだいける」と油断してたら止まっちゃった、ということは意外と多いらしい。

次のページ 
寒さに震えながらJAFを待つ

1
2





おすすめ記事