R-30

エロ紙芝居を生業にする女性の半生。性の目ざめは「保育園の時でした」

飯田:その頃、寺山修司にもハマり、父が唐十郎の芝居に連れていってくれたんですよ。

――思春期の娘を唐組のテントに連れて行くなんて、青春が狂いますよ。

飯田華子さん

月1イベント「女の星座」

飯田:父の本棚が、蛭子能収とかつげ義春、萩尾望都とか諸星大次郎とか、私を狂わせるためにあるようなラインナップで。

――普通、そのラインナップは家になくて「外に取りに行く文学」であることが多いですよね。

飯田:開拓する感覚ですね。私も最初に、寺山とかに出会った時は「開拓した」と思ってました。なのに、家にあった(笑)。

――なるほど。

飯田:寺山や太宰を素敵だと思うのって、「踏み外すことへの憧れ」でもあるじゃないですか。なのに、ゆりかごの中にいてしまう。

――ある意味環境が整っていて、踏み外せないと。それはきついですね。

飯田:本来なら「自分で発見するはずだった文化」があったので、「もっと外に出ないといけない」と思っちゃったんですかね。

飯田華子とエロ


――多分、読者が一番知りたいことだと思うのですが、エロへの目覚めは何だったんですか?

飯田:保育園に「ひとのからだずかん」っていうのがあって、人間の裸の絵が載ってて、それをめっちゃ見てました。

――保育園。それはエロい目で?

飯田:図鑑をエロ本として消費してました(笑)「おっぱい見たいな」ってずっと思ってました(笑)。

――女体に興味があったんですね。その感覚は友達とかと共有したりしてました?

飯田:小2のときに同級生の子と、落ちてたエロ本を隠れて二人で超見てました。その子もエロいやつだったんですよ。

――幼少期の女体への興味からか、紙芝居で女体をたくさん描かれてますね。

飯田:描くうちにもどんどん女体を描く面白さがわかってきました。

次のページ 
実体験の「立ちんぼ」をテーマに

1
2
3
●飯田華子公式HP https://iidahanako.jimdo.com/





おすすめ記事