必見!2009[ヒットしなかった陰の名作]アワード【デジタルギア部門】

【デジタルギア】
時代を先取りしすぎると売れ出すのに時間がかかる

【柳谷智宣さん】
あらゆるデジタル機器に目を光らせているITライター。物欲に負けることが多く、常に購入者目線でチェックしている。現在、『週刊アスキー』『日経WinPC』をはじめ、数多くのIT系雑誌やウェブにて執筆中

★金賞
「PSP GO」
(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
「PSP」の最新モデルは、UMDドライブがなくなり、16GBのフラッシュメモリーを搭載。ゲームはネット配信で入手する。サイズはW128×D69×H16.5mmとコンパクトで胸ポケットにすっぽり収まる。メモリースティックマイクロを装着でき、大量の動画や音楽を持ち出せる
http://www.jp.playstation.com/psp/go/

★銀賞
「モバイル・ルーター」
(WM3300R/日本電気)
モバイルWiMAXと無線LAN機能を備えたモバイル・ルーター。1つの回線で、複数台の機器でネットに接続できる。USBでPCに接続し、WiMAXアダプタとしても動作する。暗号化方式はWEPとAESの2種類を混在して利用できるなど、セキュリティー機能も充実している
http://121ware.com/aterm/

「ネットトップ」
(Lm-One191Q-B マウスコンピューター)
CPUにAtom230を搭載しメモリーは1GB、OSにWindows XP HomeEditionを搭載する18.5インチ液晶一体型のネットトップ。XPはサクサク。実勢価格で5万円を切る安さが魅力

「ウォークマン」
(NW-X1060/ソニー)
ウォークマンのフラッグシップモデル。ノイズキャンセリングや大口径のヘッドホン、フルデジタルアンプによる高音質が魅力。3.0型の有機ELディスプレイを搭載し、ワンセグも内蔵
http://www.sony.jp/walkman/products/NW-X1060_BI/

「電子書籍リーダー」
(Kindle Amazon)
アマゾンの電子書籍リーダー「キンドル」の国際バージョン。日本を含め、世界100か国で利用できる。現在は、洋書・英字新聞のみだが日本語対応になればブレイク確実
http://www.amazon.com/dp/B0015T963C

「デジタルギアは、時代を先取りしすぎるとヒットを逃す」と言うのはITライターの柳谷智宣氏。

 携帯ゲーム機「PSP」の最新モデルは、UMDドライブをなくしてゲームはネット販売に限定。大容量メモリーやBluetoothを搭載し、革新的な機能をたくさん備えているのに、発売日には行列どころか閑古鳥が鳴いた。

「今後のゲームはダウンロードが主流になるので、これから人気が出てくるはず」と柳谷氏。

 実態がユーザーに伝わらず、認知されていないと苦戦する。モバイル・ルーターがまさにそう。

「1回線分のコストで、PCをネットにつなげて、携帯電話でブラウジングし、iPod touchをiPhoneライクに活用できるスグレモノです」

 ネットブックは大ブレイクしたが、デスクトップ版の「ネットトップ」の人気はイマイチ。しかし、「用途がメールやウェブに限られていたり、予算がないなら安いネットトップでも十分に使えます」

 その他、ウォークマンや電子書籍リーダーの「Kindle」がランクイン。どちらも今年はブレイクしなかったが、’10年は期待できると柳谷氏は読んでいるようだ。

― 必見!2009[ヒットしなかった陰の名作]アワード【6】 ―




おすすめ記事